2016年12月31日

大晦日

昨日から、ようやくお休みに入りました。
そして、昨日は朝一番に郵便局に行き、情報誌『ささえ』を発送してきました。
今日か明日にはお手元に届くことと思います。

平成28年12月31日
一年を振り返ってみると、前年以上に忙しかったような気がします。
なぜなら、経理の仕事で、まだ出来ていない作業があるのです。
その時間が今年は取れなかったのですよね。
新年早々にやらなければならない仕事です。

来年度の計画の事も真剣に考えています。
研修会のこと、福祉用具研究会のこと、これから具体的に内容も決めていきます。
依頼されてする仕事とは異なり、主体的に行う事業となります。
理事の皆様、会員の皆様、一緒に考えて下さいね。

今年も大変お世話になりました。
来年もよろしくお願い致します!


posted by うさぎ at 06:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年12月30日

大掃除は出来なかったけれど・・。

昨日は、結局大掃除は出来なかったのですよ。

でも、高齢者の方の支援をしました。
86歳の女性、一人暮らし。
膝が悪く、医師から杖を勧められたとのことでしたので、私の手持ちの杖を持って行って調整しました。
身長が140pくらいの小柄な方で、杖の種類によっては、一番低く調整をしても高すぎるのです。
2本持参したのですが、1本は高すぎて使えず、もう一つの杖は大丈夫だったという訳です。

10年前に、いつか役に立つこともあるだろうと購入して我が家に大切に保管していたものです。
何でも、持っていると便利ですよ。わーい(嬉しい顔)
「これは、楽だわ〜!」と、喜んでいただきました。

先日、その方に我が家の不要な介護ベッドを運んだのですが、本当に楽に寝起きができるようになったと喜んでくれました。ベッドの配置や高さの調整、ベッド柵なども動き方に合わせて決めました。
要支援の事例の方ですが、ベッドの導入と杖の活用で随分と楽に生活ができるようになったと喜んで下さいました
今後、さらに注意しなければならないところは、外への出入口に手すりが必要のようです。
今回の場合は、親戚の方が私達の身近にいたこと、身体状況の情報を相談してくれたことで、このような対応ができました。

あまり、頑張りすぎないで、安全に安心して過ごせる環境整備は大切ですよね。
この方は、介護ベッドでなくても、簡易ベットでも良かったと思います。
膝が悪いのに、何度も寝たり起きたりの動作は大変苦痛だったとお話をされていました。
ちょっとした工夫で、生活が楽になる、膝の悪化防止にもなると思います。

このような事例の場合、誰が、どのように支援をするかということです。
ちょっとした支援で生活がしやすくなることも多くあると思います。
介護保険のレンタルということになると、なかなか踏み切れない対応なのかも知れませんね。

私達は自分で対処しますが、その知識や情報を持たない人は、状況が悪くなるまではそのままの不自由な状況を続けることになるのでしょう。
友人やそのご家族など、私達の身近にも、ちょっとした手助けで生活が容易になる人は結構いるのかも知れませんね〜。
そんなことを感じました。

「一人暮らしでお正月?」と思っていたら、ちょうどお孫さんが広島から帰って来られました。
車で5時間もかかったとの事です。20代の男性。毎年、お正月とお盆には帰って来てくれるそうです。
最近、時々めまいなどがあり、少し弱気になっていたようですが、とっても嬉しそうに「食事は?」「寝るところは、あの部屋に・・」と、お世話をしていました。
動き方や話し方も、お孫さんの顔を見る前とは大違いでした。
おばちゃんにも、楽しいお正月が来たようです。わーい(嬉しい顔)

「こんな状態で一人暮らし?」と思うのですが、やはり住み慣れた我が家が一番のようです。
体調が悪い時に一時的に親戚の家に行っても、すぐに自宅に戻りたいというのだそうです。
親戚の人も、いつでも来て良いようにと自宅にも簡易ベッドを準備したそうですよ。



posted by うさぎ at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年12月29日

NPO福祉用具ネットの電話やファックスが通じません。

先日、大学内の電話工事をしてから、NPO福祉用具ネットの電話電話・ファックス(0947-42-2286)が通じません。
お電話やファックスをして下さっている方、大変ご迷惑をおかけしています。
年末・年始ということもあり、いつ頃に回復するか未定です。
特に、研修会の申込や会員更新手続きが始まりますので心配です。

メールは大丈夫です。
名刺等に書いている携帯電話携帯電話では対応できますので、お急ぎの方は遠慮なく携帯電話にお願い致します。

posted by うさぎ at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

今日は事務局の大掃除もしたいのですが・・・?!

昨日まで、たくさん抱えていた仕事も着々と終わらせています。わーい(嬉しい顔)
でも、もう少しやらなければならない事が残っているので今日も出勤しました。ふらふら
もう一つ、年末に事務局の整理整頓もしたいと思っているのですが、果たしてどこまでやれるかしら?

すっきり気分で新年を迎えたいと思いますので頑張りたいと思います。
でも、その後は家事がいっぱい待っています。
大掃除、料理・・・
お仕事を持っている女性の皆さんも同じですよね〜!

「考えるよりも、とにかく動け!」です。

posted by うさぎ at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年12月28日

大失態!

昨日は、午前は企業2社訪問、午後は県庁でのお仕事。
でも、県庁での会議の約束時間を間違えてしまい10分位遅刻してしまいました。
大失態!
大事な会議の席に遅刻なんてありえないですよね。もうやだ〜(悲しい顔)
13時30分からの会議と思って20分前には着いたので大丈夫と思っていましたら、既に出席者の皆様は全員着席されていたのです。
実は13時からの会議だったのです。
お忙しい皆様に対して、待たせるという大変失礼なことをしてしまいました。
お待ちいただきました沢山の関係者の皆様、本当に申し訳ありませんでした。

posted by うさぎ at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年12月27日

高級な(?!)お茶

今日は、朝から福岡へ外出。
昨日も銀行に行ったり、情報誌の封筒入れの作業や来客対応など、毎日が本当にあわただしく過ぎています。

そこで、ちょっと一服。
今日は、『ななつ星の八女茶』をご紹介いたします。
先週末、友人から頂いたのですが、ネットで調べたら、何と、1本 350円だそうですよ。

P1240011.jpg

P1240012.jpg

ちょっと一服と思ったのですか、実は、まだ飲んでいません。
どんな味がするのでしょうかね〜?
ゆっくりと味わいたいと思います。

posted by うさぎ at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年12月26日

年末ぎりぎりまで仕事に追われています。

週末の3日連休も、ようやく昨日の1日だけお休みしました。
でも、家の仕事をする気力も体力もなし。

今年ももう少しですが、今週もいろいろと予定がはいっています。
情報誌の発送、経理、相談業務・・・・など。

情報誌の発送に向けての準備は、一昨日、同封物の印刷作業を済ませました。
先日の福祉用具研究会や23日の勉強会に集まった会員の皆様には、一足早く、情報誌を手渡し出来ましたので、随分と郵送費用の節約になりました。(およそ4,000円位は節約できたと思います。わーい(嬉しい顔)
まだ郵送しなければならない方は100名あまり。
郵便の重さによって定形郵便にするか定形外郵便にするのか、どちらがお得かは秤を準備して封筒にいれていきます。ふらふら
団体会員の方には複数の情報誌を入れなければなりません。
以前は、研修会の案内なども複数枚同封していましたが、今は入れる枚数が多くなると郵送費用が高くなりますので、研修会の案内のチラシは各1部しか同封しません。
職場でコピーをして関係部署に配布していただきますようお願い致します。
ご協力お願い致します。

P1240014.jpg

事務局は、こんな苦労をしていること、こうして書かなければ分からないですよね〜。

posted by うさぎ at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年12月25日

福祉用具のメンテナンス

先日、友人のお母様がグループホームから病院に入院をされたとのことで、施設で使用していた福祉用具を持ち帰ることになりました。
グループホームに入所する際に新規に購入した3モーターのベッドと車いすです。
26年4月に購入したものです。
今回、知り合いの福祉用具専門相談員に協力をお願いして持ち帰ることにしたのですが、あまりにも汚くなっているのに、唖然としてしまいました。ちっ(怒った顔)
介護ベッドもマットを外したその下側は埃だらけ。車いすは、もう捨てた方が良いのではないかと考えた程、汚い状態だったのです。
クッションのカバーがしみだらけくらいなら、洗濯をすればと思ったのですが、アームサポート、ハンドリムやアームサポートなどは汚いだけでなく、触るとベタベタのヌルヌル状態でした。
食べこぼしなどが原因だと思うのですが、何故こんなに汚れるまで放置されているのだろうか?
一体、何時からこんな状態なのだろうかと・・・。
この状態で、つい最近まで使用していたのかと思うと、どんなに頑張っている施設でも、正直、そこの施設の日々のケアの質がみえてくるようでした。

このままで持ち帰っても、素人の友人はどのようにして良いか分からないだろうと思い、私がきれいにしてあげたいと思ったのですが・・・。もうやだ〜(悲しい顔)
洗車ブラシ、歯ブラシ、タワシなどを使って、洗車するように散水ホースで洗い流しました。
雑巾でこびり付いた汚れを取り、いったん乾燥させることにしました。
カバー類は取り外して洗濯をしたのですが、一回では汚れがとれず、結局2度洗いをしました。
それから数日後、改めて見てみると、まだまだ汚れは落ちていないところがたくさんありました。
細かな部分は割りばしなどで地道に取り除く作業をしました。
ビフォーの写真を撮らなかったので、下の写真では分からないと思いますが、とにかくこれ程に汚れた車いすは初めてでしたので本当に私は衝撃でした。
使用しないで放置されたままの状態で何か月も経過しているのならば、こんなものなのかと思うかもしれませんか゛、このべとべと状態で、つい最近まで使用していたとは考えられない状態になっていたのです。
座面にも食べこぼしたものが付着していたり、とてもこの上に座らせる状態とは思えません。クッションカバーを取り外すと、その中の汚れはひどい状態であることは言うまでもありません。
一緒に行った関係者の皆さんもびっくりしていました。
福祉用具専門相談員のお話では、こんなことは比較的良くあるようでした。
後で尋ねたら、特に施設の方が汚れがひどいとのことでした。
朝起きた時から、毎回の食事時など車いすは毎日、多くの時間使用するから汚れるということは分かるのですが、その日に食べこぼしなどで汚れたら、きちんと掃除をして欲しいですよね。
介護ベッドの埃もひどい状態でした。
レンタルのベッドの引き上げをするということはこういう事なんだと、改めて感じました。
スーツ姿で手順よくベッドを解体して持ち運べるように作業をしている福祉用具専門相談員さんには感心しました。
私は、その日は、自宅に戻ったら、コートも含めてすべて洗濯機に放り込みました。

とにかく、一通り綺麗になったので、緩んだネジをしめました。
紛失しているネジもありました。
取り外した背のシートなどを取り付けて一応完了。
作業時間5時間。
もう少し、頑張ってピカールで磨いてきれいに仕上げたいと思います。

一応、きれいになった車いすです。
P1240005.jpg

P1240008.jpg

掃除して、きれいになって本当に良かったです。
捨てなくて良かったですよね〜!
紛失した止めネジは注文しました。


問題は、施設で使用している個人用の車いすのメンテナンスは誰がするのだろうかと思ったのです。
フットサポートのネジもかなり緩んでいました。アームサポートの高さ調節の止めネジも片方は紛失していたのです。
日々の汚れの拭き掃除も福祉用具にも必要ということ。
特に車いすや歩行車、ベッド柵などに付着した汚れの掃除は毎日、その都度しないと不衛生だということ、本当に今回感じました。
ヌルヌル状態のアームサポートやハンドリムを触った手でお食事をされていたのかも知れませんね。ちっ(怒った顔)

posted by うさぎ at 08:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年12月24日

介護技術の勉強会を開催しました。

昨日の9時〜17時まで、まる一日かけて動作介助技術についての勉強会を、リハ職の理事が主体的になって開催しました。
先ずは技術とマネジメントについての考え方を共有しました。
各々の課題について、とことん話し合いをしました。
学んだ技術を実践するためには、また、できない理由はどこにあるか、実践するためには具体的にどのようにしたら良いのか・・・
山形理事が主体的になって進行役を担って下さり、海尾理事と長谷川理事がサポート役で進め手下さいました。
参加した仲間の皆様も本当に真剣に向き合っていました。

私は、皆さんの様子をみて、このような機会を設けることの重要性を改めて実感しました。
どんなに良い研修会を開催しても、持ち帰り実践しなければ無意味な研修会になります。
何年も開催してきた『動作介助とポジショニング技術』、拘縮をつくらない介護技術を如何に実践したら良いのか、それは、分かった人が一人だけ実践しても効果は得られないことです。
関わる全ての人が技術を理解して、みんなで実践することが求められます。
理解してもらうために、どうすれば良いのか、先ずは自分自身がしっかりと技術を理解する事は勿論のことですが、伝え方についても大切なことです。
新しい技術をどのような方法で、どのような言葉で伝えたら良いのか、真剣に考えて意見交換をされていました。
研修会を開催するだけでなく、実践できるようにする支援も求められているのだと思いました。
山形理事、海尾理事、長谷川理事、本当にお疲れまでした。
メンバーの皆様も大変お疲れ様でした。

DSC05413.jpg

DSC05421.jpg

DSC05426.jpg

posted by うさぎ at 12:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2016年12月23日

第9回福祉用具研究会が終わりました。

昨夜、今年度最後の福祉用具研究会を開催しました。
参加者29名。
提案して下さった事例について多職種で議論いたしました。
介護の現場には、本当に多くの課題があることを実感した事例でした。

福祉用具研究会では、各々の職種で意見交換をすることができます。
サービス担当者会議とは異なり、当事者でないから気付きが多くある。
遠慮や気遣いをしないで活発に発言もできるのです。
何が問題なのかを気付くことが大切です。
客観的に事例を捉えることが、学びになるのだと感じました。
改めて、自分自身が関わっている事例を振り返るきっかけになったと思います。

事例提案者に感謝いたします。
有難うございました。

DSCF1176.jpg

これで、今年度の研究会は終了いたしました。
来年度の会員募集は1月から行います。

29年度の福祉用具研究会は4月からスタートの予定。
posted by うさぎ at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年12月22日

九州安寿会主催 排泄ケア研修会in熊本に行ってきました。

12月20日13時から17時
熊本市流通情報会館にて開催された研修会に山形理事とともに行ってきました。
年の瀬も迫っていたということもあるのでしょうか、ちょっといつもより参加者は少なく10数人の参加でしたが、とっても熱心に聴いて下さり、私達も学びや気付きが多くあった有意義な研修会でした。
受講者の皆様、有難うございました。
DSC05302.jpg

講師として受講者の皆様にお話をしていて思う事があるのです。
伝える側と受ける側の研修会は一方向ではないということです。
聞いて下さる方の反応やアイコンタクトで通じ合えていると感じると、伝える私も心地よくお話をさせていただくことができるのです。わーい(嬉しい顔)
そこに相手の言葉はなくてもです。
受講者の反応を感じながら、お話をさせていただいているということなのですよね〜。
今回の熊本の皆様は、そんな意味からとってもお話ししやすい研修会でした。
こうして、伝える側の私も、毎回毎回が学びの場です。
伝えるために事前の準備で学べること、日々の業務やかかわりの中に多くの課題に気付けること、そして、それらのことをメッセージとして如何に伝えるのかと考えること・・・。
私は教育者ではないのですが、伝えさせていただく場をいただけているのであれば、そんな気付きをしっかりと伝えたいと思うのです。

まさしく、毎日が勉強なのです。
そんな日々を過ごせていることに感謝です。

posted by うさぎ at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

『ポセイドンさん』へのメッセージ

るんるん『ポセイドンさん』へるんるん
昨日は嬉しいコメント有難うございました。わーい(嬉しい顔)
反応の少ないブログを毎日書き続けることも大変で気持ちが折れてしまいそうな時もあります。もうやだ〜(悲しい顔)
そんな時に、あなたから励ましのコメントをいただいたのです。
とっても嬉しくなりました。
また、頑張ってブログ続けようと思いました。
「今日くらい書かなくてもいいや!」と思うと、そのまま怠けてしまいそうになるのです。
だから、いつも「書かなければならないのだ!」と思うことにして続けてきました。

今日は、お花の大好きな『ポセイドンさん』に我が家の庭に咲いているお花お見せしますね。
12月の我が家の庭にひっそりと咲いている可愛らしいお花です。
忙しくて、なかなか手入れができなくても、たくましく咲いてくれています。
例え一輪の小さなお花でも、とっても癒してくれますよね〜。
買ったお花とは違った、元気をくれますよね。
自然環境の中で、こんなに頑張ってるのだよとメッセージをもらっているような気がします。

DSC05403.jpg

DSC05404.jpg

スイセンは、葉っぱが枯れるまで伐らないで我慢したら、たくましく成長してお花を咲かせてくれました。
「我慢するところは我慢せよ」とのメッセージかも知れませんね。わーい(嬉しい顔)

DSC05406.jpg


posted by うさぎ at 08:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2016年12月21日

嬉しいコメントをいただき感激!

今日、ポセイドンさんから、久しぶりにコメントをいただきました。
とっても嬉しくなりました。
感激です。
「有難うございました! ポセイドンさん。」
庭の手入れも頑張っていますよ〜!
来年の春には、お花が咲くと良いのですが。

実は、昨日から熊本に行って留守にしていました。
ここ数日、色んな事がありましたが書く時間がなくて・・・。
明日は福祉用具研究会。
情報誌も印刷が出来上がる事になっています。
23日も勉強会です。
・・・・・
改めて、明日書きたいと思います。


posted by うさぎ at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年12月20日

今日は、熊本に出かけます。

今朝から、熊本に行ってきます。
午後から九州安寿会主催の排泄ケア研修会in熊本があるのです。
山形理事と共に参加します。

posted by うさぎ at 05:52| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2016年12月19日

年賀状完成!

毎年、年賀状は自宅での作業だったのですが、昨日は、自宅からプリンターまで持ち込んで事務局で作業しました。
一人黙々と年賀状作りに励みました。
慣れた机、パソコン、邪魔をするテレビもなく集中できる環境で住所録の確認からスタートして、結局一日かかってしまいました。ふらふら
でも、気持ちはすっきりです。わーい(嬉しい顔)
メール社会の現在、年賀の挨拶もメールにしょうかなぁ〜と考えたりしますよね。
仕事で頻繁にメールのやりとりしている方に対してはメールでのご挨拶で良いのかもしれません。
お世話になっている方のすべてに年賀状を出すという事も大変ですしね。
NPO福祉用具ネットの場合は、1月1日発行の情報誌もあるので、会員の皆様へのご挨拶は情報誌でもできます。
そんなことを考えながら、取り敢えず、今年は130枚作成しました。
年内の仕事も、まだまだ色々とあるので、一つでも終わっていると、ちょっと気持ちに余裕が出てきます。
しかし、次から次へと、何かしらの仕事が良くあるものですよね〜。ふらふら
年末も押し迫り、今週も大忙しの一週間になりそうです。

posted by うさぎ at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年12月18日

今日は出勤しました。

今日も仕事をすることにしました。
雑用、いろいろとあるので出勤することにしたのです。
でも、昨日は一日のんびりと過ごしました。
自宅でパソコンを開いても集中力なし。
やっぱり、慣れた机、パソコン、この環境が一番です。

posted by うさぎ at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

スタットレスタイヤに交換

物置に仕舞っていたスタットレスタイヤを車に乗せてタイヤ交換をして来ました。
毎年、このタイヤの交換の時に思うこと。
4本のタイヤを物置から出して車に乗せること、そして、交換後のタイヤをまた物置に仕舞う作業が本当に大変なのです。
重たくて、普通の女性は先ずはしないのだろうと思いながら頑張っています。
(家族に依頼すると、相手に都合を合わせなければならないので、つい、自分てやってしまうのです。良く言えば「頼もしいおばちゃん」悪く言えば「可愛くないおばちゃん」です。)
タイヤラックの上の段に持ち上げる作業が特に大変です。
頭の血管が切れそうなくらい力を入れます。ちっ(怒った顔)
必死にやりながら、こんな事、何歳までできるのだろうかと、つい考えてしまいます。
最近、18リットルの灯油も、とっても思く感じるのは、やはり歳なのかもしれませんね。

取り敢えず、車の冬支度は完了です。わーい(嬉しい顔)

posted by うさぎ at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年12月17日

今日、仕事に行ったけれど・・・。

今日もいつも通りに出勤し、仕事をしていたら、入試の為に「立ち入り禁止」ということで、急遽出なければならなくなりました。
これからは、ちょこちょこと、こんな事態がありそうです。
学内の掲示に注意が必要です。
でも、取り敢えず、一つだけ仕事ができたので良かったです。

posted by うさぎ at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

介護現場の悩み

先日、友人の皆さんに、「介護現場で困っている事、何でも書いていただけませんか?」とお願いをしたら、数人の方からたくさんのご意見を頂きました。ページ数にして15ページにびっしりと書かれたものでした。
NPOの仲間は、本当にすごいと思いました。
実に良く意見をまとめて下さっているのですもの。

そして、読んでいて、現場の悲痛な叫びが聞こえてくるようでした。
現場での個々の事例支援に際しての制度の矛盾点、マンパワー不足がもたらすもの、理想と現実のギャップ、
職員の教育の問題、サービスを提供する側と受ける側の認識の違い、連携の課題、医療依存度の高い方の支援の課題、認知症対応の苦労など・・・。

少ないスタッフで日々奮闘しているようすが良く分かりました。
「休みがとれない」、「腰が痛い」、「報酬が少ない」など、頑張っても報われない評価に折れそうな気持を辛うじて支えているようです。ふらふら
何時、心が折れてもおかしくないという切実な状況が伝わってきました。もうやだ〜(悲しい顔)

たくさんの想いを書いて下さった皆様、本当に有難うございました。
NPOとして、サポートできることは何かないのだろうかと真剣に考えてしまいました。
大変貴重なご意見でした。
活用させていただきたいと思います。
有難うございました。


posted by うさぎ at 06:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年12月16日

疲れと病気

気が張っていると、少々の無理(頑張り)をしていてもあまり負担にも思わずに動ける。
ただ、あまり長期間になるとストレスになる。
最近、そんなことが分かるようになりました。
当たり前と言われれば、そうなのですが・・。
仕事だけでなく、家事でも同じです。

でも、誰かのためにとか、何時までにしなければならないとか・・、そんな目的がなくなったらどうなるのかしらね〜?
緊張感がなく緩みっぱなしの毎日だったら、本当に呆けてしまうのかもしれません。

最近、メリハリ生活の中での気持ちや身体の変化を実感することがありました。
人は気持ちの持ち方で大きく変わるということを改めて感じたのです。
仕事は、忙しさの程度によってストレスの度合いも異なります。でも、それは仕事でやらなければならない事と思いながら、毎日愚痴をこぼしながらも務めを果たすように一生懸命に頑張っています。(それなりにですが・・)

家事は、最低限のことから、家族の人数や条件などによって家事労働の度合いも大きく変わると思うのです。
一人の時と家族と同居の時とでは、食事・洗濯・掃除など全く異なってきます。
でも、誰かのためにしなければならないと思うと、いつも以上に頑張ることができるのです。
たまたま、今の私の生活は、一人の時と家族と一緒の時の二つのパターンの生活をしているのですが、日常の生活スタイルが大きく異なります。
起床時間から違いますが、それなりに一人の時とは全く違った生活も平気でこなしているのです。
仕事も忙しいので、その上に、家事となると、少々大変ではあるのですが、適応するものですね〜。
下手な料理でも食べてくれる人がいれば頑張って作りますしね。わーい(嬉しい顔)
でも、最近、分かったことは、『メリハリ』ということです。
あんまり長期間になったり、頑張りすぎると、心と身体が悲鳴をあげます。
「ほどほどに」という事だと思いました。

隣の坂田副理事長も、仕事人間です。
仕事があることが幸せだと思っているような人ですが、疲れが溜まると必ず何らかの病気になっています。
身体がSOSを発信しているのだと思います。
昨日も発熱(それでも夕方まで仕事)。
そして、今日は元気に出勤。
「病は気から?」って、本当ですよね。
夏の突発性難聴になった時も、仕事量の分析をしてグラフを作成してみたら、やはりお仕事のやり過ぎだということが判明したのです。
つまり、いくら仕事が好きでも、頑張りすぎると正直に身体が反応するということでしょう。
無茶はできない年齢ということも自覚しなければならないのだと思いました。
「分かりましたか? 坂田副理事長様」
(決して、大山がいじめた訳ではなかったのですよ〜!わーい(嬉しい顔))

posted by うさぎ at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

プロの校正

情報誌『ささえ』の校正、しっかりと確認したつもり。
でも、印刷会社のプロの校正はすごかったのです。
編集委員さんと事務局と4人の目で確認したのですが、何と、10か所以上の校正のチェックが入ったのです。
驚きです。
まぁ、毎回のことですが・・・。
いつも、たくさんの問題個所を指摘されるので、「今回こそは!」と頑張ってチェックしているのですが、本当に「参りました!」という気持ちです。
印刷会社は、NPO福祉用具ネットの会員でもある、北九州の「よしみ工産」様です。
どの道にも、プロがいるのですよね〜。
一つひとつの指摘が、また勉強になりました。ふらふら
でも、毎回、繰り返しているのでは駄目ですよね。
学べていないという事です。
反省ばかりしています。
皆さんのお手元に届くときは、どこがどのように変わったのか分からないですよね。
でも、こうして、一つひとつの段階を踏んで、お届けしているという事、分かって下さいね。わーい(嬉しい顔)

posted by うさぎ at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年12月15日

フェイスブックについて

西日本国際福祉機器展のことをPRしたくて、いよいよ『フェイスブック』を始めることにしました。
私の本音は『事務局長のブログ』を続けることだけでも精一杯なのです。ふらふら
これから、フェイスブックも気負わずに活動を知っていただく場として活用させていただきたいと思います。
ブログとの違いは、交流する相手のお顔が見えることだと思いました。
でも、会ったこともない人からのお友達リクエストには、ちょっと躊躇してしまいます。

『事務局長のブログ』は私の「独り言」です。
本音で心の叫びを書きましたが、無反応だと辛いと思う時期もありました。
少しずつ、割り切れるようになりました。
事務局長としての闘いの日々、いろんな苦労話や辛い事、嬉しいこと、お願いしたい事、聴いて欲しい事、愚痴など、本当にいろいろなことを書いてきました。
一人職員ですので、声に出さなければ分かっていただけない事もいっぱいあると思いながら、毎日このブログに向かっています。
そういう意味では、気持ちを本音で吐き出せる場でもあるような気がします。
多い日は1000件以上、少なくても400から500件くらいのアクセスが毎日あります。
読んだら、コメントくらい欲しいと思うのですが・・・。そう思いながら2年と3カ月を過ぎました。

『フェイスブック』は、皆さんの動きが恐ろしいほどに分かるのです。
誰が、何処に行って、どんな活動に参加しているか、とんなネットワークの中で活動しているのか、この業界の人たちが何をしようとしているのか・・・。
本当に良く分かるような気がします。
いろいろな情報を知るには、仲間の集いの場である『フェイスブック』は有効な場であるかも知れません。
皆さんも、『フェイスブック』に登録してみては如何でしょうか?
(私は、まだ慣れないので、どのようにリアクションして良いか戸惑うことも多く、またコメント入力も不具合が出たり(入力文字が重複する)、しています。ふらふら)

posted by うさぎ at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年12月14日

今後の予定

今年度3月末までに確定している研修会の予定は以下の通りです。
九州安寿会主催の排泄ケア研修会の日程は以下の通り。
るんるん平成28年12月20日 熊本
るんるん平成29年1月25日 長崎
るんるん平成29年2月3日 佐賀


るんるん平成28年12月22日 第9回福祉用具研究会
定期的な福祉用具研究会としては、今年度の最後の福祉用具研究会となります。
1月から3月末までに改めて会員募集をし、平成29年度の福祉用具研究会は4月からスタートとなります。
福祉用具研究会では、積極的に参加してやる気のある方だけを募集します。
詳しい募集要項は1月の情報誌ささえとともに、会員の皆様にご案内を送ります。

るんるん平成28年12月23日祭日 介助技術勉強会 (理事主催の少人数勉強会のため、参加者の公募はしません。)
るんるん平成29年1月7日 キネステ体験講座の出前研修会 ((株)クローバー様からの依頼 福岡市 )
るんるん平成29年2月18日・19日・3月4日はキネステティクスレジスタードマークのベーシックコース福岡県立大学にて開催
ベーシックコースの申込用紙は、NPO福祉用具ネットのホームページ 研修会コーナーより入手できます。

posted by うさぎ at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年12月13日

情報誌『ささえ』58号の編集完了

編集委員さんのチェックも受け、本日、業者さんに印刷に出しました。
執筆にご協力いただきました皆様、有難うございました。
新年には、会員の皆様のお手元に届くように郵送したいと思います。

来月1月からは、NPO福祉用具ネットの正会員更新手続きも始めます。
同時に、平成29年度の新規会員の募集も開始しますので宜しくお願い致します。、
新しく、NPO福祉用具ネットの会員になっていただける方を大募集します。

さらに、1月になると平成28年度の事業のまとめと新年度の計画、決算報告の作成に向けて準備をしなければなりません。つまり、収支計算書、貸借対照表、財産目録などを作成します。
経理の専門用語の意味も分からずにやっているのですが、私でも出来るのですから驚きでしょう!?
毎年、やっているから出来るのですが、やり方を思い出すのが大変なのですよね。わーい(嬉しい顔)

そして、今年度の事業のまとめをしながら、反省点を踏まえて新年度の取り組みを如何にするか考えなければならないのです。
『産みの苦しみ』に入るという訳です。

1月から春が来るまでは、事務屋さんに徹しなければなりません。
これまでの反省と、新年度の企画。
既に、私の頭の中では産みの苦しみが始まっています。
会員の皆様、来年度に向けて、良いアドバイスがありましたら、事務局に連絡お願い致します。

posted by うさぎ at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

開発者たちとの絆

今年も、企業のものづくりに携わった仲間の皆様と懇親会(忘年会)が出来ることになりました。
先週末に、自動排泄処理装置『ヒューマニー』の開発チーム6人で楽しいひと時を過ごしました。わーい(嬉しい顔)
『ヒューマニー』という商品を世の中に送り出したのは2009年。
あれから、もう8年にもなるのですね〜。
私は、その前の商品化に向けた検証から関わらせていただいていますので、10年以上はお付き合いさせていただいているという事になります。
既に、開発に携わった、当時の関係者の多くの方が定年退職をされています。
また、他部署に移動されている方もいらっしゃいます。
しかし、【産】んだ子供(商品)のことは、いつも気にかけてくれています。
普及のために頑張っているNPO福祉用具ネットのこと、大山の事、いつも気にかけて下さり助けて下さっているのですよ。
正に、絆を感じます。
現場に伝えて、少しでも生活を改善できる人がいるのであれば、私は『ヒューマニー』という商品の情報をしっかりと伝えなくてはならないと思っています。

自動排泄処理装置は、相変わらず認知度は低いのですが、もしも、この製品が誕生していなかったら排泄ケアで選択する範囲が限定され、やむを得ずおむつを使い続けるということになったと思うのです。
そんな意味では、画期的な商品だと思うのです。
『ヒューマニー』を活用することで在宅介護を継続できている人もいます。
夜間の睡眠の確保や、外出が容易になったこと、床ずれやおむつかぶれが改善したケースも知っています。
もっともっと、対象となる人もいるのだと思います。
今も、このような福祉用具が、世の中にあることを知らない為に、諦めた生活を送っている人もいるのだと思うのです。

開発者の身近でものづくりを見てきている私には、商品を売ることの大変さ、知ってもらう事の大切さ、正しく使っていただくための努力・・・などを見てきました。
それは、どんな商品でも同じだと思います。
ものづくりの裏側のドラマを多く見てきた私には、一つひとつの福祉用具の見方が少しだけ違うのかもしれません。
「この、福祉用具は、どんなドラマがあって誕生したのだろうかexclamation&question
と。

先日の西日本国際福祉機器展でのスタンプラリーのアンケート結果は、知らない福祉用具に対する反響はとても高かったです。
自動排泄処理装置やラップポン、ニシキのホルダーパンツは、まだまだ認知度が低いということが分かったと思います。
しかし、ユニチャームさんやアロン化成さんの製品についても、「あー、おむつね。」、「ポータブルトイレね!」と知っているつもりでいたかも知れません。だから、他の知らない排泄ケア用品よりも反応が低かったのだと思います。
しかし、スタンプラリーに参加した方は、しっかりと感じてくれている方もありました。
ユニチャームの洗浄液やおむつの種類の違いに気付いて下さっているご意見や、アロン化成さんの尿器や非常用としても活用できる『スッキリポイ』にも関心を示していたコメントがありました。

テープ止めおむつや紙パンツ、ポータブルトイレも私達が知っている情報から益々進化しています。
おむつはみんな同じではありませんし、ポータブルトイレもみんな同じではないのですよね〜。

新しい製品を知ってもらう事の難しさがあるようです。
そう考えたら、勿論、介護ベッドや車いすでも同じです。
メーカーの開発者が、現場の問題を見出し、改善するために苦労して世に出した新製品の情報を如何に届けるのかが問われているように感じました。

今回、アロン化成さんのホームページやカタログを拝見していて、ポータブルトイレ等について調べました。
本当に知らない情報がたくさんありました。
聞く時間、読む時間、検索する時間・・・、言い訳はしたくないと思いました。
反省しました。
「なーるほど!」、「以前はここが問題だったが、ここが改善されたのだ!」・・・。

皆様は、如何ですか?

posted by うさぎ at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年12月12日

朝から、情報誌の編集作業

情報誌『ささえ』の原稿が全員揃ったので、その編集作業に朝から手間取ってしまいました。
ワードの編集がなかなかうまくいかずあっという間に1時間半もかかってしまったのです。ふらふら
パソコン操作は、すべて自己流でやっていることなので仕方がありません。もうやだ〜(悲しい顔)
とにかく、一応体裁は整えましたので、編集委員の皆様にさらに校正をしていただくように手配致しました。
取り敢えず、1月発行に向けて目途が立ち一安心です。

原稿の期限を守っていただきました皆様に感謝いたします。
有難うございました。
事務局の仕事は、こうして目に見えない苦労があるのですよね。
原稿を依頼したexclamation原稿が出そろったexclamation、「はい、それで良し」にはならないのですよね。
こうして、発行している情報誌も58号になりました。わーい(嬉しい顔)


posted by うさぎ at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年12月11日

研修会の主催者として思う事

研修会を企画していて、当日に連絡もなく来られないという人が結構多くて困っています。
主催者としては、配布資料の印刷から領収書の準備などをしている訳です。
勿論、各々に事情もあると思います。
しかし、後日でも良いので連絡をするのが、マナーだと思うのですよね。ちっ(怒った顔)
職場から申込んでいる全員が不参加という場合もあります。
複数人が不参加となれば、開催しても赤字になります。
理由は、「忘れていた」という場合が多いようです。だから連絡もないということのようです。
もともと、研修会は赤字での開催が多く、講師謝金にも影響することもしばしばあります。
そんな事務局の苦労は、なかなか理解してもらえないようです。
困った問題です。もうやだ〜(悲しい顔)
先日の西日本国際福祉機器展の下元佳子先生の福祉用具活用セミナー、キネステ体験講座にも連絡なしのキャンセルがありました。

頭の痛い課題なのです。
来年こそ、そんなことがありませんように。(祈)

posted by うさぎ at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年12月10日

西日本国際福祉機器展『排泄ケアコーナー』相談対応のまとめ

3日間、相談対応して下さった、辻理事がまとめて下さいました。
排泄ケアについて、会場で受けた相談内容です。
参考までに、ご紹介いたします。
Microsoft Word - 平成28年西日本福祉機器展排泄相談の概要.pdf

posted by うさぎ at 07:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年12月09日

昨夜のテレビ番組「みらいの主役」

昨夜のTVQの「みらいの主役」という番組に、何と、友人の古賀賢紀さんの息子さんが紹介されました。
「すごい!」の一言。
自分の目的に向かって頑張っている姿に感動しました。

TVQの番組紹介の記事です。
古賀大聖(こが たいせい)君(12歳)。父と日夜自宅で練習しているのが空手。小学1年から始めた空手。“強い男”になりたいという気持ちと厳しい練習が実を結び、なんと3年生の時に黒帯に!さらに大聖君の力が目覚めたのが形(かた)。形とは仮想の敵から自分を守るための攻防を演舞するものだが、自分との闘いでもある。そして今年最後となる九州大会。
(クリックしてみると読めると思います)
未来の主役.jpg

古賀さんの子供さん.jpg

実際の空手の動画も以下のアドレスでご覧になれますよ。
https://www.youtube.com/watch?v=exNhasbCCAs

古賀さん、感動を頂きました。
有難うございました。
私までも、何だかとっても嬉しい気分にさせていただきましたよ。
息子さんが、空手をやっていること、そしてこんな有名人だなんて知りませんでした。
「大聖君、頑張ってね!」
posted by うさぎ at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年12月08日

先日の忘年会での出来事

私達の忘年会では、プレゼント交換が恒例の楽しみの一つとなっています。
持参したプレゼントが誰の手に渡ったか、受け取った中身は何が入っているのだろうかと、両方が楽しみなのです。
実は、その持参するプレゼント選びが大変なのですよ。
参加者は男性・女性・子供、年齢も2歳から80代までと幅が広い訳です。
持ち寄るプレゼントには、特に決まりはないけれど、無理しない程度の金額で、1000円位のもので良いですよという事になっています。
手作りのものでも良いし、自宅にあるものでも良いのできれいにラッピングして下さいという事にしています。
毎年、そんな中には、びっくりするくらい高価なものもあるのです。
そんなプレゼントを提供して下さる方もいるのですよね〜exclamation
今年も、たまたま一緒にログハウスに宿泊した中尾さんから、夜にそのプレゼントを見せていただきましたが驚きました。
受け取ったプレゼントが大当たりだったのです。わーい(嬉しい顔)
日立の泡立て洗顔エステ『肌クリエ 熊野筆』という、女性用の美顔器だったのです。
何と、それは購入したら2万円前後はする商品だそうですよ。
神様は、良くみているなぁ〜と思いました。
中尾さんのNPOに対する無償の愛をしっかりと見ていて下さったのだと嬉しくなりました。
私達ができない感謝の気持ちを仲間の皆様がプレゼントして下さったことに感動しました。

ちなみに、NPOが今年貢献して下さった数人の方への感謝の気持ちとしてプレゼントしたのは、私が今年、たくさん癒してもらった『くまモンシリーズ』のおしゃべりくまモンやくまモン貯金箱でした。
P1230116.jpg

DSCF1042.jpg

中尾さんは、いつも裏方としてお手伝いして下さっていたので、素敵なプレゼントが当たって本当に良かったと思ったのです。
ちなみに、素敵なプレゼントを提供して下さった○○様にも感謝です。
本当に有難うございました。

他の皆様には、どんなプレゼントが届いたのでしょうかね〜exclamation&question

posted by うさぎ at 08:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年12月07日

少しだけ、一息。

昨日は、一日、銀行や税務署など経理事務の作業に追われました。
経理業務が一段落すると、ちょっと嬉しくなります。わーい(嬉しい顔)
束の間のひと時を思いっきりリラックスしないと、ストレスで押しつぶされそうになります。ふらふら
一日だけでも良いのです。気を抜く時間も必要なのですよね〜。(分かっていただけますでしょうか?)
重い荷物をいつも背負っていると肩も凝ります。
ちょっとだけ荷物を肩から降ろすことも大切なことのようです。
でも、気が緩むと病気が出現するのかもしれません。

ということで、押しつぶされそうな状況の時は、私には近寄らない事ですよね〜。ちっ(怒った顔)
私もそんな状況の時は相手を思いやるという配慮や気遣いはできませんしね〜。
本当に、それだけ精一杯の時が最近は多いのですよね〜。
私には、指示して動いてくれる人がいません。
だから、順番に一つひとつ仕事をしていかなければならないのです。
でも、周りの人は、そんな状況は見えませんよね。もうやだ〜(悲しい顔)
「今は大丈夫ですか?」と聞いて下さった方が良いかもしれません。わーい(嬉しい顔)

そして、今日からは情報誌発行準備。
事前にお願いしている原稿を取りまとめて編集や校正の後、印刷依頼に出すこと。
出来上がった情報誌の発送する準備をすること。
それが、直近にやらなければならない事です。

posted by うさぎ at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年12月06日

西日本国際福祉機器展《スタンプラリー》アンケート集計結果

NPO福祉用具ネットの【排泄ケア用品展示コーナー】で開催した《スタンプラリー》のアンケートの集計をしましたので、ご報告いたします。
今回の企画で、排泄ケア用品を多くの方に知っていただけたのではないかと感じました。
先ずは、@商品を知っていただくこと、そして、Aその商品がどのような方に使えるものかを考えていただきたいと思います。
「必要な人に、しっかりと情報を伝えられるように!」と思って企画したものです。

以下の集計結果をご覧ください。
スタンプラリーの集計 2018.12.pdf

スタンプラリー結果.jpg
認知度が低い商品ほど、反響があったようです。
「特に興味があった商品や使ってみたい商品、あるいは紹介したいと思った商品はどれですか?」という質問に、一番多かったのは、@自動排泄処理装置ヒューマニーやマインレット爽、Aラップポン、Bニシキの防水機能・消臭機能のシーツやフィットするカバー、軽失禁用下着が多かったようです。他にもユニチャームの洗浄液、アロンのポータブルトイレ処理袋、乗助さんなどと回答がありました。
介護保険制度の福祉用具のレンタル品であるにも関わらず、認知度の低さNO1は、やはり自動排泄処理装置です。
対象者は少ないのかもしれませんが、知ることは私達専門職の使命です。
さらに、その福祉用具が使えないでも困るのですよね。

自動排泄処理装置について、私は以下のような3つの課題があるように感じています。
自動排泄処理装置の課題.jpg

自動排泄処理装置を使用して、あきらめていた生活(外出や社会参加)が出来るようになった事例の方もいます。
在宅介護が楽になったと喜んでいる方は、長年の在宅介護が負担になり、そろそろ施設入所を決断しようかと考えていたそうですが自動排泄処理装置を活用することで介護の負担軽減ができ、在宅介護を続けながら趣味もできるようになったと喜んで下さっている方や良く眠れようになったと喜んでいる方・・・。
そんな事例を知っています。
福祉用具の活用で人生を変えていらっしゃるのですよね。
だから、知って欲しいと思うのです。

今回のスタンプラリーで、マインレット爽を体験した方は装着して違和感が思った程なかったことに感動していました。
ニシキさんの製品の伸縮性のあるおむつにも驚いていました。
ずれないシーツ、消臭機能、洗浄液、おむつも進化している事に驚いているコメントのありました。
ちょっと耳を傾けてみるとたくさんの情報を知ることが出来るのですよね。

スタンプラリー、本当にやって良かったと思いました。わーい(嬉しい顔)

posted by うさぎ at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年12月05日

12月3日キネステ体験講座のご報告

先週末の土曜日、忘年会前にキネステ体験講座を開催致しました。
7人の方が受講して下さいました。
DSC05155.jpg

DSC05161.jpg

受講者の皆様からいただいた感想です。
キネステティクス体験会アンケート結果2016年12月3日.pdf

今回の研修のアンケートを拝見して、教師の海尾理事は、今回のアンケート結果は殆どの方が自分の現在実施している介護技術を認識し、他にもいろんな方法があるのだと気づいてくださっている事がうかがえる内容で、とても嬉しく思い、それを感じるのはやはり、自分で体験する事が必要だと再認識されたそうです。

私も、毎回、そばで研修会をみていて思うのですが、受講者が介助者と介護をされる側に交互に体験することで、その違いを体感されると気付かれるようです。今まで行っていた介護技術が相手に苦痛を与えている場合もあること。また、おなじ介助を行うに際して、もっと優しく感じるテクニックがあることを・・。

でも、気付くだけで終わらせてほしくないですよね。
実践するためには、もっと勉強して欲しいと思います。

介護を受けている人が、そのテクニックの違いに気付いてくれますよ、きっと。
『あなたがしてくれる介護は、他の人と違うね〜!』と。

posted by うさぎ at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年12月04日

忘年会が終了!

平成28年度の忘年会が終了しまた。
参加して下さった皆様、有難うございました。
参加者35名
宿泊者9名
二次会参加者12名

吉村理事のご挨拶で、今年の忘年会は始まりました。
事務局の苦労をとっても理解して下さっていて、嬉しく思いました。
フォトストーリー、皆様に大変喜んでいただけて嬉しかったです。
苦労して作成した甲斐がありました。

DSCF1027.jpg

DSCF1041.jpg

DSCF1054.jpg

DSC05184.jpg

みんなが持ち寄ったプレゼント。
本当にさまざまなプレゼントが並びました。
プレゼント交換で、皆さんはどんなプレゼントをゲットしたのでしょうかね〜。
DSCF1036.jpg

そして、2次会
朝方の3時過ぎまで話は尽きませんでした。
久しぶりに仲間とゆっくりとした時間の中で、たくさんのコミュニケーションがとれて本当に良かったと思いました。
DSCF1297.jpg

朝方の宿泊者の記念撮影
一人、佐々木さんがお仕事で一足先に出勤されたので写真に入っていません。
DSC05265.jpg

DSC05267.jpg

posted by うさぎ at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年12月03日

今日は、キネステ体験講座と忘年会の日。

朝から通常出勤。
NPOは、原則、土日と休日はやすみ。
勤務時間は9時から18時。
一応、就業規則はあるのですが、休日出勤が本当に多い。しかも代休はなし。
一週間に一度、休めたらとても幸せと思って頑張ってきました。
勤務時間は、7時30分から21時過ぎることもいつものこと。
もしも、従業員がいたら、こんなことを強要はできない。ブラック企業になるから。
事務局長という立場と職員が一人しかいないので仕方がなくやっているだけのことです。

コツコツとやれば何かが生れる。小さな結果に繋がったら最高の結果だと思っています。
私のモットーは、「何もしなければ何も得られない。」と思いながら行動を大切にしてきました。
少しでも動くことで収入にもつながるのだと思うのです。
そんな、ささやかな期待と覚悟をもってやっています。
NPO法人が、こうして、14年間も運営できていることが奇跡なのかもしれませんね。
でも、愛の手を差し伸べて下さる方がいるから生き残っているのです。
忘年会に集まって下さる皆様は、そんな私の気持ちを理解してくれているから参加してくれるのだと思うのです。
忘年会の時だけに駆けつけて下さる方もいらっしゃいます。
一人ひとりに感謝の気持ちを、私なりにどのようにお伝えできるのだろうかと思いつつ、今年も忘年会を迎えることになりました。
参加して下さる皆様は、各々に職場がある方ばかりです。
それでも、師走の忙しい時期に都合をつけて集まって下さるのですから、『有難うございます!わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)』の言葉しかありません。
参加して下さる皆様、本当に有難うございます。わーい(嬉しい顔)
先程、私の車車(セダン)に皆様に贈るために、私にできるささやかな愛情プレゼントをいっぱい詰め込みました。
忘年会会場 『源じいの森ほたる館』
DSC00079.jpg

二次会会場兼宿泊施設『ログハウス』
DSC01244.jpg
皆様、今日は宜しくお願い致します。

posted by うさぎ at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年12月02日

おむつ検定『全員合格』の連絡が届きましたよ〜!

11月26日の西日本国際福祉機器展会場で開催した【おむつ検定】に「受験者全員が合格しました!」と、むつき庵様より、嬉しい報告がありました。わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)
受検者の皆様、本当におめでとうございます。
私も、とっても嬉しく思います。「良かった!」
担当して下さった、辻さん、中尾さん、有難うございました。

posted by うさぎ at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

プラッツからポジショニングベッドのレンタルタイプが販売開始になります。

福岡のベッドメーカー(株)プラッツから、ポジショニングベッドのレンタルタイプが、 来年1月から販売開始になるそうです。

ベッドの詳しい情報はこちらをご覧ください。
http://www.platz-ltd.co.jp/product/rafio/rafio/

先ずは、商品の詳しい情報について、上記のホームページの情報をしっかりと読んで下さいね。わーい(嬉しい顔)
posted by うさぎ at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

忘年会の準備など

西日本国際福祉機器展の事務処理作業と並行して、月末業務や忘年会、さらに情報誌発行の準備など、
相変わらず多忙な毎日です。ふらふら
今日も開発会議に外出しなければなりません。
振り返る時間もありません。
でも、忘年会の準備は苦痛ではありません。わーい(嬉しい顔)
一年に一回の楽しみですもの。
仕事のことは忘れて、皆さんと交流できる素敵な時間です。

今年も、忘年会では恒例の表彰式も行います。
今年は、誰が表彰されるでしょうかねぇ〜。
昨日、表彰式バージョンのるんるんフォトストーリーるんるんも作りましたよ〜。わーい(嬉しい顔)
後は、記念品や景品の準備と二次会の準備など。
カラオケ、プロジェクターも持参します。
海尾さんと、井内さんが幹事を引き受けて下さって買い物など準備をしてくれていますので大助かり。
参加者は35人。
参加者の皆様もプレゼント交換のプレゼントも忘れませんように。

posted by うさぎ at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年12月01日

第9回福祉用具研究会の日程が決まりました。

福祉用具研究会会員の皆様へ
福祉用具研究会の日程が決まりましたのでお知らせいたします。
12月22日木曜日 18時から20時まで。
内容は、井内理事(理学療法士)から事例の提案があります。
会員の皆様には、改めてご案内のメールが福祉用具研究会事務局から届くと思います。
出欠のお返事、忘れないようにお願い致します。

posted by うさぎ at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

フォトストーリー完成

今週末の忘年会のためのフォトストーリーが2本完成しました。
今年は、西日本国際福祉機器展報告のフォトストーリーも別に作成したのです。
一つは、昨年の忘年会から1年間のNPOの事業のようすをまとめたもの。使用した写真は325枚。
いつもなら、その中に西日本国際福祉機器展のようすを入れるのですが、今年は別バージョンで仕上げました。
使用した写真は144枚。会場設営のようすから撤収までをまとめました。
展示会フォトストーリー.jpg


お食事をしながら見ていただけたらと思います。
でも、やはり、フォトストーリーは編集にすごく時間がかかります。
写真の選定から、コメントの挿入、アニメーション設定から表示時間、それに音楽をいれる作業・・・。
何度も何度も再生しながら編集していくので、あっという間に時間が経過してしまいます。
毎日、21時過ぎまでコツコツと続けて、何とか土曜日の忘年会に間に合いました。
写真で一年間のNPO福祉用具ネットの事業を紹介するということになるのです。
忘年会に参加した会員の皆様や理事に御報告させていただくということです。
もう、10年は続けていると思います。
少しずつ、編集技術も上達しているかもしれません。

週末の忘年会に参加される皆様、
お楽しみに。


posted by うさぎ at 08:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

排泄ケア用品展示コーナーの報告

昨日のブース報告の続きです。
NPO福祉用具ネットが特に力を入れた排泄ケア用品の展示ブースの概要を改めてご報告させていただきます。

ユニ・チャーム ヒューマンケア(株)【自動排泄処理装置 ヒューマニー】
ヒューマニー説明.JPG

(株)エヌウィック 【自動排泄処理装置 マインレット爽】
マインレット爽体験.JPG

ニシキ(株) 【ホルダーパンツ・軽失禁用下着・防水シーツ】
DSC04925.JPG

ニシキ.JPG

ユニチャーム(株) 【リハビリパンツ・パッド・テープ止めおむつなど】
紙おむつDSC05073.JPG

アロン化成(株) 【ポータブルトイレのいろいろ、尿器・便器・消臭剤】
P1230702.JPG

日本セイフティ(株)【ラップポン】
ポータブルトイレの洗浄不要、災害時にも活用。
DSCF1654.JPG

イデアライフケア(株) 移乗に便利な【乗助さん】
トイレやポータブルトイレへの移乗に便利
乗助さん説明.JPG

その他、自動排泄処理装置スカットクリーン・安心ユーリンパン・携帯トイレなど展示しました。

スタンプラリーは、毎日3回開催しました。
11時・13時・15時 各コース、毎回先着20名様 
参加して下さった合計180名の方に差し上げたプレゼントです。
プレゼントの提供は、ニシキ様(ガーゼハンカチ5枚入り)・アロン化成様(アロンアルファー)・ユニ・チャームヒューマンケア/ユニチャーム様(マスク7枚入り)・エヌウィック様(サクマドロップス)を準備して下さいました。
DSC05136.JPG

スタンプラリーには、各排泄ケア用品の説明要員が必要になります。
メーカーの皆様やクローバーの皆様、NPOの専門職理事が頑張ってくれました。
スタッフは昼食もとれなかったと思います。ふらふら
私も3日間、いただいた饅頭を1個食べただけで頑張りましたよ。わーい(嬉しい顔)
また、今回のブースセミナーの配布資料印刷、スタッフジャンバーの準備、搬入・搬出のお手伝い、設営作業など多くの皆様に協力していただきました。

改めて、御礼を申し上げます。
関係者の皆様、ありがとうございました。

posted by うさぎ at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記