2017年01月31日

コタツの脚の長さの調節について

先日の新年会の際にコタツを高くする方法について話題になりました。
その際に教わったこと。
コタツの脚の部分に配管用の塩ビパイプを差し込むという方法を教えていただきました。
パイプ.jpg

我が家のコタツの場合は直径10pのパイプでなければ脚の部分が入らないのです。
ホームセンターに行って調べました。
パイプ2メートルで約1,000円前後で購入できるのですが、50pにカットしなければならないのです。ホームセンターでは、木材カットはしてくれるようですが、塩ビパイプは割れる可能性があるのでできないとのことでした。
専用のノコギリで自分で切らなければならないのです。
上手にまっすぐに切れるだろうかという不安とパイプの太さが10pの径となると結構太いのですよね〜。
ちょっと決心がつかず目下思案中。
もう一つ、高さが高くなるとコタツカバーも買い直さなければならないということも躊躇している理由です。

でも、椅子の高さを調節する手段として、パイプを利用するという発想は今後何かの役に立つかもしれないと思いました。わーい(嬉しい顔)
それを教えて下さった元企業の人は工場のラインの作業台を高くする際に思いついたそうです。
コタツの脚の部分はある程度の強度が必要です。
継脚は丈夫でなければなりませんので良い方法だと思いました。

posted by うさぎ at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記