2017年07月31日

紫陽花の挿し木した結果は・・。

毎年、青しそがこぼれ種から数本が成長してくれます。
お陰で、麺類の薬味として自給自足できるます。
これも購入して植えたことは一度もなく、ずっと以前に近所の方から苗をいただいて植えたのがきっかけです。
DSC08259.jpg

そして、紫陽花の挿し木をして1か月です。
たぶん、もう大丈夫だと思います。わーい(嬉しい顔)
でも、プランターへ挿し木をした方は3割くらいは大丈夫のようですが、多くは枯れてしまいました。
DSC08260.jpg

我が家は、新しく植える場所が殆どないのですが、近所の方から頼まれたので挿し木をしてみました。
この猛暑の中、朝は必ず水やりもできますが、夜は帰宅するのが遅く、毎晩9時や10時と遅いので、なかなか水やりも大変ですが、せめて挿し木だけでもと頑張って継続した結果です。

posted by うさぎ at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月30日

1500件目のブログはキネステ研修会のご報告です。

今日はお休みです。わーい(嬉しい顔)
早朝から草取りもして、気持ちはとっても爽やかです。
少しでも涼しい時間にと思って頑張りました。
庭の除草も毎週しておくと短時間の作業で済むのですよね!

何と、今日、ブログ件数が1500件になりましたよ〜!わーい(嬉しい顔)

1500回目の記念の日のブログは、昨日のキネステティクスレジスタードマークベーシックコースの報告をします。

2日目になると受講者の方も慣れてきます。
とっても雰囲気も素敵でした。
他の仕事をしながら、時々覗いてみた大山レポートです。

これまでの起き上がり方とキネステで考えた起き上がり方の違い。
どこに重さが移るのか、介助する側は、その動きをどの方向に誘導しようとしているのかを問われていました。
一つひとつの動きの支援の際に介助の手の位置と方向を確認していました。

DSC08211.jpg

DSC08228.jpg

DSC08235.jpg

力では【押す】と【引く】の違いを体験。その時、どこに力が入っているのかを自身の身体で感じながら学んでいました。
パラレルとスパイラルの違いについても体験。
その技術の使い方で楽に動きを引き出せることもあることを学びました。
毎回、少しずつ、新しい発見があります。
排せつ動作の介助の引き出しが増えたような気がします。

次回は、8月6日日曜日です。
講師の海尾さん、松村さん有難うございました。


posted by うさぎ at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月29日

本日(29日)はキネステティクスレジスタードマークベーシックコース2日目を開催致します。

今日はキネステティクスレジスタードマークのベーシックコース2日目研修会です。
この研修会、ちょっと覗いて見ているだけでも勉強になります。
事務局という立場に感謝ですよね。わーい(嬉しい顔)

ということで、本日もいつも通り出勤です。ふらふら

もうすぐ8月に入りますね〜!
ベーシックコースも8月6日(日)で終了となります。
10月にはアドバンスコースも開催致します。
今まで、ベーシックコースを受講した方はチャンスですよ。
アドバンスコースは実際の事例を想定した実践的な技術を学ぶそうです。

私の場合は、現場で実際の利用者さんに試す機会が殆どないのですが、この技術を意識すると介護の方法は従来の方法とは異なったケアになるのだと感じます。
まさに、ひとにやさしい介護技術です。
多くの方に受講していただきたいと思います。
この技術が当たり前の介護技術として、専門職の介護技術として教育される時代が来るような気がいたします。

2人の受講者に2人の講師の研修会がまもなくスタート致します。

posted by うさぎ at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月28日

『抱え上げない介護技術セミナー』二部の受講決定通知書を発送します。

32名の『指導者育成コース』受講の方に、本日、受講決定通知書を郵送致します。

受講費用の振込は8月18日締切です。
金額を記載した振込用紙を同封していますので宜しくお願い致します。

1日目9月9日の夕方に懇親会を予定しています。
懇親会への参加希望者の方は、8月18日までに電話又はメールでNPOの事務局に連絡お願い致します。
お弁当は各自で準備をお願い致します。
会場案内なども同封しています。

三部受講の方は、もう少し待って下さいね。
現在、準備をしているところです。

一部受講の方は、受講決定通知はしませんので、当日は会場となる大講義室に直接いらして下さい。
受講費用も当日に徴収させていただきます。
そして、現在も受講者を募集しています。


posted by うさぎ at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月27日

安寿の浴槽手すり(高さ調節付)を頂きました。

アロン化成様から、昨日届きました。
重量4.6kgだそうです。
持ってみて、「こんなに重いのだ!」と実感しました。
触ったり、持ってみて気付くことが多いですよね〜。
80kgの体重を支えられるそうですので『頑丈さ』は最も大切なことです。
早速、寄贈品のラベルを貼って、介護実習室で活用させていただきます。
実際に商品があるとイメージしやすいですよね!
DSC08205.jpg

アロン化成様、有難うございました。

posted by うさぎ at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月26日

『抱え上げない介護技術セミナー』の申込状況について

9月9日・10日、10月22日に開催する『抱え上げない介護技術セミナー』についてご報告いたします。
るんるん一部の9月9日10時から12時30分の『導入編』は、定員数も多く、まだ沢山空いていますので、是非、お申し込みください。


るんるん二部は3日間を通して参加する『指導者育成コース』です。
当初は大分と北九州、佐賀とNPO福祉用具ネットとで4者が定数枠を各々8人と決めて募集を開始致しました。
その後、地域の状況を確認の上、NPO福祉用具ネットが13人、北九州地域が5人、大分県が6人、佐賀県が8人と修正致しました。
この二部については全ての地域も定員がいっぱいになり申込みを締め切っています。
但し、二部の受講者は責任重大な役割を担っていることになります。

るんるんそして、三部の『リーダー養成コース』は二部で学ぶ指導者と共に地域で活動してくれる重要な方達です。
指導者となる人が自分自身で2人ずつ仲間を連れてきて欲しいと考えています。
1人では大変だけれど、三部のリーダー養成コースの仲間2人とともに活動をすれば動きやすくなるだろうと考えたのです。
一方では、その仲間を集められない指導者は、これから職場を変えたり、地域で抱え上げない介護に向けて活動を展開するのは難しいのではないかと思ったのです。
従って、そんな仲間づくりが出来る人に二部を受講して欲しいという願いも主催者の正直な気持ちです。

幸い、NPO福祉用具ネットの仲間は地域ごとに二部と三部の方のチーム作りが整いました。

その上で、さらに三部受講者に際しては一部の『導入編』も受けて欲しいことを強く要請いたしました。
何故なら、高知県の取り組みがどのように進められたのかについて知らなければ動けないのではないかと思ったのです。

個人の技術を習得するための自己研鑽のための研修会ではないこと、私は今回強く説明してきました。
つまり、今回のセミナーは看護や介護技術の現状を見直すための第一歩にしなければならないのです。
確実に、その一歩をスタートさせたいのです。

セミナーには、NPO福祉用具ネットのネットワークからやる気のある方から沢山のお申込みを頂きました。
しかし、チームづくりを考えながら振り分けましたので、地域の割り当ての制限もありました。
地域の分散も考えたのです。一つの地域だけに限定しなかったのです。
NPO福祉用具ネットの13枠の割り当ての結果は、飯塚市3、田川市2、行橋市1、苅田町1、嘉麻市2、直方市1、福岡市1、宮若市1、久留米市1というようになりました。

早くから締め切っているにも関わらず、「指導者として是非やりたい!」とのお申込みも多くの方からいただきました。
その方達はお断りをしなければなりませんでした。
ごめんなさい。ふらふら
でも、お断りをした皆さんは、仲良しのお友達です。
ちょっと声をかけて共に学ぶという方法がいつでもとれる間柄ですので大丈夫だと思ったのです。
そんな皆さんも、一部には必ず受講して下さるようになっています。
本当に有難うございます。

これらの裏事情の中でNPO福祉用具ネットの定員枠のチーム作りはすべて完成いたしました。
現在、他の地域(大分・北九州・佐賀)もチーム作りをして下さって、ほぼ確定しているようです。

二部は28日が締切ですので、まもなく、受講決定通知書を事務局から郵送致します。
三部もチームが確定している方には、一緒に受講決定通知を送ることにしています。

まもなく、7月も終わりです。
9月9日はもうすぐです。
るんるん会員の皆様、是非、一部の『導入編』にご参加下さい。
二部や三部に参加できなくても、大丈夫です。
でも、一部だけは出来る限り受講しておいて下さいね。

今後も技術研修は開催していきます。
現在開催しているキネステティクスの研修会や先日の排泄ケア研修会、リハ職の学習会も全てが今回のセミナーに繋がっている事なのです。
そのことを良く理解していただきたいのです。
私達は、以前から、抱えない介護技術の各論の研修会をずっとやってきているのです。
スライディングボートの使い方、シートの使い方、リフトの使い方、おむつの当て方、ポジショニング技術、キネステ技術を活用した体位変換技術や移乗移動技術・・。
これらはすべて「抱えない介護技術」として当たり前にやっていかなければならない事なのです。

現場に、福祉用具環境が整っていないのであれば、その必要性を経営者に伝えて改善していってほしいのです。
『道具がないから仕方がない』これが今までの現状だったのです。
それを職員と経営者とが共に改善していく事が一番の目的なのです。

そして、今回のセミナーからスタートして欲しいのです。
チームで考えて欲しいのです。
出来ることは何か・・。
「道具を準備するのが面倒臭いので、つい抱えてしまう。二人で抱えた方が早いし・・・。」そんな声も聴きます。
そんなことを続けていたら、何も変わりません。
その結果が腰痛であったり、患者さんの拘縮に繋がったりしているのです。もうやだ〜(悲しい顔)

いよいよ、今回のセミナーから、私達はスタートします。
私達が変わらなければ職場も地域も変わりません。
この企画をスタートする時、ある友人から言われた言葉『ぶれない事。妥協しない事』
広範囲のチームで一つのことを行う際に、ともすれば妥協しなければならないこともあり、何度か心が折れそうになりました。
何度も何度も電話をかけて想いを伝えました。
『こうしたい!』『一緒にやって欲しいの!』と。
先日、ある病院の看護部長さんからのお申込みのファックスの中で、「当院はこの3名で指導体制を整えたいと思います。」と書かれていました。
気持を理解した上で、今回のセミナーの申し込みをして下さったのだと何だかとっても嬉しくなりました。

みんなで熱い気持ちをもって頑張りましょう。exclamation×2

posted by うさぎ at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月25日

またまた、お野菜を沢山いただきました!

昨日、採れたての新鮮な野菜をたくさん頂きました。
日立マクセルのOBの方からのプレゼントです。毎年、夏と秋に宅配便で送って下さり、つい先日もいただいたばかりでした。
昨日は、元の職場の会社で打ち合わせがあるとのことで久しぶりに日立マクセル会社の正門前で待ち合わせをしました。
マクセルを訪問するのは何年ぶりでしょうか?
車で10分程度の距離ですが、用事がないと普段は私達が立ち寄る場所ではないのですよね。
入口には守衛さんがしっかりと見張っていますものね〜。
(当時は、顔パスで会社内に入っていましたが・・、今だったら、『あなた誰?』ということになるのでしょうね。ちょっと淋しい気持ちです。殆ど知っている方がいなくなりましたし・・・。)

今は悠々自適の生活をされている和気さんと久しぶりにお会いしました。
以前と変わっていなくてとても懐かしかったです。
共に開発した仲間の皆様とお会いすると、何だかほっとして嬉しくなります。わーい(嬉しい顔)

和気さん、いつもお気遣い有難うございます。わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

こんなにたくさん頂いちゃいましたよ。わーい(嬉しい顔)
DSC08199.jpg

ゴーヤもこんなに沢山!
DSC08201.jpg
昨夜は茄子と炒めものにして夕食の一品に。
今日はシーチキンとゴーヤのサラダにして持参しました。
残りは冷凍保存しました。

トマト、キュウリ、大葉、ピーマン、オクラ、茄子など
DSC08200.jpg

これから、しばらくの間、毎日が楽しみです。わーい(嬉しい顔)

posted by うさぎ at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月24日

9月9日の抱え上げない介護技術の一部の受講者大募集中です。

看護や介護に携わっている方達の腰痛が大きな問題になり、私達がこれまで行っていた介護技術が見直されつつあります。
そんな介護技術の見直しをいち早く取り入れて取り組んでいるのが高知県です。
その波を起こしたのは、9月、10月の研修会で講師をお願いしている下元佳子氏です。
友人の地域(県)も、高知県を見習おうと計画をすすめているという情報もあります。

私達の地域でも、介護職の不足でヘルパーステーションの閉鎖を耳にするようになりました。
知り合いの事業所の方もいつも人材不足で大変なようすでした。
しかし、これまでは何とか続けられていたのですが、最近では余儀なく事業所を閉鎖しなければならないほど深刻になっているようです。

一方では、介護ロボットという言葉が大きく注目されていますよね。
日々の介護現場の中、私達の意識改革でもっと手軽に解決できることが多くあります。
でも、職場はなかなか変わりませんよね。もうやだ〜(悲しい顔)
(昨日もブログに書きましたが、19年間地域の介護現場をみて、その対策として研修会を長年開催してきましたが、悲しくなるくらい変わりません。唯一、その中で問題意識をもって共に学んでくれているのが、NPO福祉用具ネットの会員さんや福祉用具研究会のメンバーなのです。)

介護ベッド、モジュール型車いすやボード、シート、リフト、それらを活用するスキルがあれば解決できることなのに・・・。
既にある福祉用具を活用できていない現状の中、いきなり介護ロボット?
そんな備品も整備できない現状の中、介護ロボットができたら購入するのだろうか?
シートやボードを使えないで介護ロボットは使えるのだろうか?
何だか、何時まで経っても変わらない現場に腹が立ってきます。ちっ(怒った顔)

9月9日の一部のセミナーがたくさん空いています。
医療や介護の現場の皆様、お願いですから、一度立ち止まって考えていただけませんでしょうか。
ブログを読んで下さっている皆様、NPO福祉用具ネットの思いにご協力をお願い致します。

下元佳子先生セミナー第一部9月9日.jpg

下元佳子先生一部申込み用紙.jpg

PDFデーターはこちら
A下元先生セミナー1部9月9日 申込チラシ最終.pdf


posted by うさぎ at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月23日

セラピストの学習会が終了しました。

昨年の12月からスタートした、リハ職の皆さんの勉強会も今回は5回目となりました。
10時〜16時まで開催。参加者8名。
今回の中心となったテーマは、『介護技術の伝え方』について。
抱えない介護技術の一つとして『トランスファーボードの使い方』を職場のスタッフに指導できるかという事がテーマとなりました。
要介護者となる相手の身体状況を設定した上で、順番にトランスファーボードの使い方を説明するという実習を行いました。
DSC08191.jpg

最後に、山形OTが伝えるポイントを纏めて下さいました。
DSC08197.jpg

大山の独り言
こんなに勉強しても、職場にはトランスファーボードやスライディングシート、アームサポートやフットサポートが外れる車いすもないのですよね〜。もうやだ〜(悲しい顔)
福祉用具環境があまりにも整っていない病院の実態は本当に『どげんかして欲しい!』ですよね。
そして、私達はこんな研修会は19年前から何度も何度も開催してきたのですよね。
それでも変わらない現場の実態は本当に悲しすぎて・・・。


次回は『スライディングシートの使い方の教え方』について実習予定です。
日時は、これから調整致します。

posted by うさぎ at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

今日(7月23日)は、リハ職メンバーの学習会です。

日曜日ですが、今日は10時〜16時は会員のセラピスト有志による学習会です。
通常出勤しました。
今日仕事でしたので、昨日はお休みをして庭の手入れをしました。
ツツジ、もう少し短く剪定した方が良かったような気がします。
庭の手入れをするのは大好きなのですが・・・。
暑すぎて長時間はできません。
私に時間があって、さらに、こんなに暑くなかったらどんどん短く切ってしまいそうです。
昨日も1本根元から切りました。
最初は伸びた分だけ剪定していたのですが、結局は根元から掘り起こしてしまいました。
他のものを植えたかったからです。

posted by うさぎ at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月22日

研修会用に企業から提供していただいた福祉用具など。

先日、日本セイフティ(株)さんから新商品のるんるん『ラップポン』を送っていただきました。
早速、福祉用具研究会で紹介させていただきました。
知らない人は大変驚いていましたよ!
先ずは、福祉用具は知っていただくことが大事です。

それから、まだ皆様に報告をしていない寄贈品がありますのでご紹介いたします。
先日、アロン化成様から届いた商品です。

るんるん『シャワーチェアと浴槽台2タイプ』
DSC08148.jpg

るんるん『ポータブルトイレ2台』
DSC08151.jpg

以前にも、アロン化成様からは『尿器』や『ポータブルトイレの最新の商品2台(暖房便座・快適消臭)』や『入浴用の折りたたみシャワーベンチや浴槽台』をいただいていましたので、これらを合わせるとるんるん、『ポータブルトイレは4台』、『浴槽台3個』、『シャワーベンチ2台』にもなりました。
NPO福祉用具ネットの研修会では勿論ですが、大学生の介護実習でも大いに役立っています。

さらにるんるん、『歩行車3種類』るんるん『Ta‐Da Chair』椅子にもなる杖もいただいています。
現物があるととても助かっています。
NPOにはさまざまな相談があります。
その際に、直ぐに商品を確認することが出来るからなのです。
カタログだけでは分からない事です。

そのほかにも、ニシキさんからは布パンツ等るんるん『ソ・フィットシリーズ』の商品すべて、プラッツさんからは最新のるんるん『介護ベッド』・・・。
タカノさんからはるんるん『にこにこ Fit』などを頂いています。

私達の住む筑豊地域は、福祉用具の展示場がありません。
福岡市や春日市、北九州市には展示場があるのでとてもうらやましく思います。

posted by うさぎ at 06:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月21日

第4回福祉用具研究会のご報告

7月20日18時30分〜20時35分まで、福祉用具研究会を開催致しました。
参加者は41名
内容は以下の通りです。
第4回福祉用具研究会
@福岡県福祉機器開発等支援事業について説明   
A福祉用具のニーズ調査   
B新商品 ラップポン・ブリオのご紹介及び移乗機器『乗助さんU』(株)クローバー 井上部長
C今後のテーマへの要望と次回の研究会(8月22日火曜日)について   
D福祉用具の最新情報 パート2  

坂田副理事長より、福岡県福祉機器開発等支援事業について説明していただきました。
DSC08137.jpg

福祉用具のニーズ調査に協力していただきました。
DSC08139.jpg

新商品 ラップポン・ブリオの紹介と乗助さんを使った移乗方法について説明
DSC08140.jpg

DSC08145.jpg

DSC08142.jpg

次回は、8月22日火曜日18時30分〜
日進医療器(株)九州営業所の吉岡所長に新商品の車いすの紹介と選び方やシーティングについて勉強会をしていただくことになりました。
会場は大セミナー室

会員の皆様には、研究会事務局より改めて連絡させていただきたいと思います。

posted by うさぎ at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月20日

さて、今日は・・・・。

毎日のブログ、今日は何を書こうかしらexclamation&question
毎日毎日・・・、負担と思うと続けられません。
こんなブログでも読んでくれている人がいる。
書かないと、今日はどうしたのだろうかと心配してくれている人がいる。
今日も元気で頑張っているのだと思ってくれている人がいると思って、今日も何かしら書きたいと思いパソコンに向かっています。
このブログを書くために30分早く出勤するようにもなりました。

2014年9月5日からスタートしました。
今年の9月で丸3年ということになります。
今日のブログで1489件目になります。

さて、今日は福祉用具研究会です。
43名が出席予定です。
@坂田副理事長からの最新の福祉用具情報パート2、
Aラップポンの新商品の紹介
B福岡県からの委託事業について
C福祉用具に関するアンケート調査
D今後の研究会についてのテーマ・・・
そんなことを中心に開催する予定です。
毎回の研究会の開催時には、次回のテーマがいつも私の心に重くのしかかっています。
19年目を歩いている福祉用具研究会です。
立ち止まったら終わりになるので、どんなに苦しくでも進みながら考えることにしています。
来月のテーマは久留米の展示会の際に、とっても良いと感じた商品を見つけたので、研究会のメンバーにも紹介したいと思ったのです。それで研究会にきて説明して欲しいとお願いをしたら快諾して下さったのです。

遠慮もしないということも私のモットーなのかも知れません。
何でも駄目元だと思いながら突き進んでいるような気がします。
やってみなければ、言ってみなければ分からない事です。
不器用な生き方ですが、こんな私を理解して支えて下さる人が廻りにいてくれるから続けられているのかもしれません。
19年続いている福祉用具研究会も、毎日欠かしたことがないブログも、15年続いているNPOも・・・

最近、こんなに長く続けていてもなかなか地域を変えることができないことに落胆をしていました。
でも、9月の下元佳子先生の抱えない介護技術研修会のチームづくりが容易にできたのでした。
NPOの思いを受け止めてくれた多くの仲間が確かに存在してくれていたのです。
ネットワークと信頼関係を改めて感じることが出来ました。
これは、今まで活動してきた成果なのだと、とっても嬉しく感じたのでした。わーい(嬉しい顔)

『皆さん、本当に有難うございます!』もうやだ〜(悲しい顔)


posted by うさぎ at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月19日

明日は福祉用具研究会です。

明日の7月20日(木)18時30分か20時30分まで第4回福祉用具研究会を開催致します。
そして、来月の第5回福祉用具研究会も8月22日の火曜日に決定しました。
8月のテーマは『車いすについて』の勉強会を予定しています。
詳細は、改めてご報告させていただきます。

posted by うさぎ at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

新商品『ラップポン・ブリオ』をいただきました!

研修会用として、日本セイフティ(株)様より、新商品『ラップポン・ブリオ』が届きました。
ポータブルトイレの後始末が大変という方には最適かも知れません。
排泄後のバケツの洗浄はしなくても良いのです。
私達の地域は旧産炭地で下水道が完備されていません。
まだまだ汲み取り式トイレが多い地域です。
ポータブルトイレの洗い場所や汚物の廃棄も大きな問題です。
また、臭いの問題や、その処理を誰にしてもらうのかなど気遣いという視点からも、してもらう方や処理をする側の双方に負担を感じる問題があるということも忘れてはならない課題です。

災害時の断水などの際に大活躍し、一躍注目された『ラップポン』です。
災害時は勿論の事ですが、高齢者の排泄手段として、重宝される道具の一つであることは確かだと思います。
通常のポータブルトイレで解決できない問題をこれで解決できるかもしれませんね。
勿論、処理に伴う経費もしっかりと理解をしておく必要があります。

ラップポン.jpg

私は、座って排泄をするということはとっても大切なことだと思っています。
やむを得ず、おむつを使用することになったとしても、本来の排泄方法に戻してあげることを大切にしたいと思います。
病院や施設にお見舞いに行った際に、「おしっこ!」と尿意や便意を訴えても、「おむつをしているでしょう!おむつにしても構わないのよ!」なんて患者さんに声をかけている現場を見かけることがあります。
点滴中に尿意を訴えても尿器を使ったり、トイレへの誘導をせずにおむつに排泄をさせている現場も知っています。
尿意や便意があってもおむつで排せつをしなければならない辛さを、いつの間にか忘れてしまっているようで怖くなってしまう時があります。
現場の多忙さは分かっているつもりですが・・・・。
超高齢社会の中、何かを忘れているような気がしてならないのです。

せめて、「排便だけでも」と考えるのは、本当に無理な事なのだろうか・・・。
排せつケア手段の一つとして、このラップポンは大切な一手段ではないでしょうか。
排泄手段をあきらめていた人の解決策の一つになればと思いつつ紹介させていただきました。

私達は、このように排泄ケアのための対処品の情報をたくさん知っておくことはとっても大切なことだと思うのです。
明日の第4回福祉用具研究会で、皆様に紹介をさせていただくことにしました。

posted by うさぎ at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月18日

ホームページに西日本国際福祉機器展情報をアップしました。

11月16日〜18日に開催する第19回西日本国際福祉機器展のセミナー情報についてアップしました。
NPO福祉用具ネットのブースセミナー等、3か所で開催するセミナーの概要や企画展示についての情報を紹介しています。

posted by うさぎ at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

とっても重労働をした3日間でした!

土日の猛暑の中、頑張って庭の剪定作業をしました。
大小40本くらいある紫陽花は一本一本鋏を使って丁寧に剪定しました。
作業時間は6時間。
紫陽花を剪定した後、伸び放題になっているツツジが気になり、本当は今の時期に剪定するものではないのだろうと思いつつ、今度は【ヘッジトリマー】を使用して10本のツツジを思い切って剪定することにしました。
外に出ただけでも汗びっしょりになりながら、夕方に2時間かかりました。
でも、さすがに電動カッターは早いです。
ここまでが土曜日の作業。

さらに、日曜日は早朝の5時から、【ヘッジトリマー】で刈り残した部分を丁寧に鋏で剪定して最終の仕上げに4時間。
(右手の人差し指の鋏が接触する部分は表皮剥離して腫れてしまいました。なんでもやり始めるとムキになるのです。程々にやれば良いのに、それができない性格。)

その後は筋肉痛で大変でしたが、ふらふら気分は爽快でした。わーい(嬉しい顔)

いつもの玄関前の剪定後の写真です。
DSC08097.jpg

2日間の作業で出たゴミの量(仕事の結果)です。合計12個にもなりました。
勿論、少し萎れさせた後に押し詰めてゴミ袋に入れた結果ですよ。
DSC08122.jpg

剪定した紫陽花は写真のように挿し木をしました。
2個のプランターを買ってきて挿し木をしたのでが、猛暑の中、ちょっと心配。
DSC08118.jpg

でも、花壇に1週間くらい前に挿し木をしたのは、大丈夫そうなのですよね〜。
DSC08112.jpg

白や赤の紫陽花を挿し木したのですが、もう植える場所はないのに・・。ふらふら
でも、楽しみですので今後も頑張って水やり続けようと思いますが、今朝の状況では萎れているような気がします。

そして、昨日は出勤して介護実習室の整理と福祉用具の点検を実施。
車いすは虫ゴムを変えて大丈夫と思ったら、前輪のキャスターは劣化して使えない状態。
介護ベッドを抱えたら、今朝は肩から上腕の筋肉痛。
土日の作業は大腿部の筋肉痛でした。
筋肉痛で、どんな作業をしたか想像できますよね。
さらにさらに、夕方から夜にかけては自宅の大掛かりな整理整頓。
本当に疲れました。

何だか忙しい連休でしたが、日頃出来ない事ができたので、取り敢えず満足な休日でした。
でも、筋肉痛が・・・。もうやだ〜(悲しい顔)

いつも、思うのですよね〜。
こんな重労働は何歳まで出来るのだろうかと・・・・。ふらふら

自分で自分を褒めてあげたいと思います。
「体力の限界への挑戦でしたね。お疲れ様でした。良く頑張ったね!」と。わーい(嬉しい顔)

posted by うさぎ at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月17日

心に響いた言葉

フェイスブックで、『魂を揺さぶる言葉たち』の中で紹介されていました。
今の私に、この言葉がとても心に響いたのです。
私がこの一年半、共に苦しんだ大切な人へのメッセージとして一番適しているのかもしれないと思ったからです。

『 自分の居場所 』  
今の場所に馴染めずに
苦しんでいるなら 
その場で立ち止まらないこと 
自分がどう思われているのか 
気にしないで
いろいろと動いてみる
どこかに必要としてくれる人はいる
自分自身がダメなのではなく
ダメにする場所があるだけ  
自分らしくいられる場所を
見つけて生きればいい

魂をゆさぶる言葉 .jpg

焦らずに少しずつ元気になって欲しい。
人生は予想できない事がいっぱいおきるものです。

posted by うさぎ at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月16日

9月9日・10日、10月22日の『抱えない介護技術セミナー』の申込について

下元佳子氏の『抱えない介護技術セミナー』の二部と三部は既に締め切っています。
ホームページやブログ、フェイスブックでも申込みを締め切ったことはお伝えしています。
しかし、まだ申し込みのファックスが届いています。
ファックスを頂いた皆様には、一人ひとりにお断りの連絡をさせていただいています。
何卒、ご理解をいただきますようお願い致します。

でも、一部は、まだたくさん空いていますよ。
また、二部に参加出来なかった方は、せめて一部にご参加下さいね。
今後の勉強会などの際には、声をかけさせていただきたいと考えています。
そのためにも、一部については是非聞いておいていただきたいと思います。
目標を共有するためです。
同じ気持ちを持って取り組まなければ現場は変わりませんよね。


下元佳子先生セミナー第一部9月9日.jpg

下元佳子先生一部申込み用紙.jpg

一部の研修会のPDFデーターはこちら
(ホームページの研修会コーナーからも入手できます。)
A下元先生セミナー1部9月9日 申込チラシ最終.pdf

posted by うさぎ at 07:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月15日

今日は久しぶりの休日で〜す!

ずっと休みが取れなくて、ちょっと疲れ気味。ふらふら
庭の紫陽花の剪定もできていなくて、とっても気になっていました。
取り敢えず、締切のある仕事を済ませたので一息することにしました。

今日明日は庭の剪定や家の掃除をしたいと思います。
本当はどこかに遊びに行きたい気分なのですが、一つでもやり残していると落ち着きません。
先ずはしなければならない事を最優先することにしました。
今、しなければならないと感じている事をしておかなければ、またストレスになって病気になってしまいますので。わーい(嬉しい顔)
でも、外は猛暑です。「暑い!」
posted by うさぎ at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月14日

西日本国際福祉機器展のセミナーと企画展示の内容が決定致しました。

最近、毎日、この企画に奮闘していました。ふらふら
展示についてはブースのレイアウトや使用する福祉用具を手配しなければなりません。
セミナーについては、講師の交渉、テーマを決めます。
一番のポイントは、3会場に分かれてのセミナー企画ですので、テーマが同じ時間に重ならないように配慮もしなければなりませんでした。
準備する机や椅子などの手配も主催者である西日本国際福祉機器展事務局との調整も必要でした。
すべてが一人で決められないので、関係者との調整がとても大変な作業になります。
そんな事情も乗り越えて、ようやく本日確定いたしました。
西日本国際福祉機器展の概要が決定.jpg

出展協力企業一覧.jpg

関係者の皆様、ご協力ありがとうございました。
11月の西日本国際福祉機器展、是非多くの皆さんに会場にいらしていただきたいと思います。

PDFデーターはこちら
29年度西日本福祉機器展セミナー確定.pdf

NPO福祉用具ネットブース出展協力企業一覧.pdf

posted by うさぎ at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月13日

第19回西日本国際福祉機器展にて、今年も『キネステ体験講座』の開催が決定!

11月16日〜18日まで開催される第19回西日本国際福祉機器展で、今年もキネステ体験講座を開催致します。
A〜Eコースと5回開催致します。
詳しくはチラシをご確認ください。

西日本展示会キネステ体験講座チラシ.jpg

西日本展示会キネステ体験講座申込み用紙.jpg

チラシと申込用紙のPDFデーターはこちら
29年11月第19回西日本国際福祉機器展キネステ体験講座のご案内.pdf

posted by うさぎ at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

11月18日『おむつ検定受験対策講座』と『おむつ検定』を開催します。

11月18日12時30分より西日本国際福祉機器展で今年も『おむつ検定』の開催が決定!
はいせつ総合研究所 むつき庵様との共催事業として開催できることになりました。
事前の受検対策講座もしっかりと行いますので、是非、ご参加下さい。

おむつ検定11月18日.jpg

おむつ検定申込み用紙11月18日.jpg

申込み用紙のPDFデーターはこちら
11月18日西日本国際福祉機器展おむつ検定チラシ.pdf

posted by うさぎ at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

8月26日コミュニケーション技術研修会のご案内

コミュニケーション研修のご案内です。 
日時 8月26日(土) 13時30分〜17時00分
内容 コミュニケーションの基本
例 
・心の健康づくり計画
・自分がどう思われているか
・自分を知ろう
・組織におけるコミュニケーション
・職場で重要なコミュニケーションなど

8月19日申込締切

コミュニケーション研修会8月26日.jpg

コミュニケーション申込み用紙.jpg

チラシと申込用紙(PDF)
平成29年度コミュニケーション研修会の案内チラシ.pdf

posted by うさぎ at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月12日

今年も嬉しい夏野菜が届きました。

昨日、また夏野菜を送っていただきました。
自動排泄処理装置『ヒューマニー』や床ずれ防止用具『P・Wave』を一緒に開発した企業の方が、今は定年退職をされて、毎年、このように夏と秋の2回、小包で送ってきて下さるのです。
特に、夏は私の大好きなゴーヤーがメインです。
ご自分で育てた野菜です。
野菜の荷物を受け取る時って、とっても感動ですよ。わーい(嬉しい顔)
まるで、故郷からの贈り物のような気分になります。
きっと、優しさの気持ちも一緒に受け取るからだと思います。
P1240314.JPG

P1240311.JPG

昨夜、早速、調理して美味しくいただきました。
ニラは卵とじ、ゴーヤーはシャキシャキサラダにしました。
とっても美味しかったですよ。わーい(嬉しい顔)
そして、今日もお昼用にゴーヤ、トマト、キュウリなどを持ってきました。
(和気さん、いつも有難うございます。お蔭で、へこたれそうだった気持がちょっと元気になりましたよ。わーい(嬉しい顔)

いつも、さまざまな形で、このような愛情を多くの皆様からいただきなから頑張っています。
今は、西日本国際福祉機器展に向けてセミナーと企画展示の最終調整をしています。
今週末までには確定したいと思います。


posted by うさぎ at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月11日

久留米の展示会でみつけたベッド

フランスベッドの商品です。
『グランマックス』
3モーターで、ベッドの幅が2種類 97p幅と122幅のセミダブル
身体の大きな方に最適となっていました。
でも、耐荷重は100kgとなっていました・・・・。
P1240263.jpg

P1240264.jpg

カタログはこちら
1ベッド.jpg

2ベッド.jpg

posted by うさぎ at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月10日

キネステティクスレジスタードマークベーシックコースを開催いたしました。

ベーシックコースの初日。
スタートは、キネステの基本からです。
『キネステティクス感覚とは?』について動きながら学んでいきました。
聴いていて「なるほど!」と実感する事ばかりです。
当たり前の事なのですが、日々のケアの中で忘れてしまっている事だと思います。
声をかけること、動き方を具体的に教えること。
その伝え方のさまざまな手段の中には、聴覚や視覚、嗅覚、触覚、コミュニケーション技術があるということを学んでいました。
歩く、座る、側臥位、起き上がりをどのように伝えるかという勉強です。
人の身体はいくつかの塊に分けられる。重心を考えながら、どこに重さを移すのかということ。そしてスペースの確保が必要なことなど・・・。
時折、覗いてみてもとても勉強になりました。
西日本の展示会の企画の準備をしながら、研修会場と事務局を何度も往復。
それでもたくさんの気付きがありました。
そして、今まで開催してきた他の技術研修と繋がるのです。
次回は7月29日と8月6日。

本当に多くの方に学んでいただきたい技術です。
この技術を使えば、介護される側にも緊張させないでやさしい介護が出来るのです。
何も考えないで行う技術と、キネステ感覚を取れいれた技術を比較しました。
専門職と言われるなら、日々の介護技術は他の人にはできない技があって当然と言いたいですよね。

まだ、技術を習得していない受講生は、対象者を前にしたとき、『はたと立ち止まってしまう』と話したら、その立ち止まって考えることが大切だと講師から言われました。
「そこに気付いていない人が、まだまだとても多いのだから、先ずは立ち止まることが大切です!」と。

DSC08074.jpg

DSC08078.jpg

DSC08079.jpg

DSC08086.jpg

DSC08093.jpg

キネステティクスについて、真剣に耳を傾けて欲しいと思いました。
この技術を学ぶと、きっと拘縮もなくなるのだろうと・・・。


posted by うさぎ at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

珍しい車に遭遇!

これは、5月31日に大学内の駐車場でみつけた車です。
皆さんに紹介しようと思って忘れていました。
写真を見つけたので、ご紹介いたしますね。
この車を見かけたのは2回目。
一昨年にも、大学内で見たことがありました。
今回は、外出しようと駐車場に行ったら偶然に遭遇しました。
可愛かったので、写真を撮らせていただきました。
皆さんは、見たことがありますか?

DSC07769.jpg

DSC07768.jpg

DSC07767.jpg

posted by うさぎ at 07:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月09日

今日は、キネステティクスレジスタードマークベーシックコースの研修会です。

3日間のキネステティクスレジスタードマークベーシックコース研修会の1日目が9時からスタートしました。
当初の参加予定は4名でしたが、さまざまな理由でキャンセルがあり、最終的には2名となりました。
3日間のお休みを調整するのは大変なようです。
でも、受講者の方がわずか2名でも開催しています。
受講者の方にとっては丁寧に学べるので大変ラッキーですよね。チャンスですよ。
特に、キネステは実技中心の研修です。
とことん、教えてもらえるという事ですよね。わーい(嬉しい顔)
この二人だけの研修会に講師も2名で対応してくれるのです。
本当に採算から考えるととても開催はできませんよね。
毎回、ひとりでも多くの方にキネステの技術を知って欲しいとの思いで開催をしているのですよね〜。もうやだ〜(悲しい顔)
共催して下さっている「福岡ひとにやさしい介助を考える会」の講師に感謝です。わーい(嬉しい顔)
講師の海尾様、松村様、本当に有難うございます。
今日は、9時から17時までの予定です。

そして、2日目は7月29日、3日目は8月6日に予定しています。

posted by うさぎ at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ホームページ更新しました。

昨日、ホームページを更新しました。
研修会コーナーと西日本国際福祉機器展コーナーを更新しました。

更新内容は以下の通り
るんるん研修会情報

@排せつケア研修会のアンケート結果の掲載
A9月と10月の抱え上げない介護技術の二部と三部の申し込みの受け付けを終了したこと
B但し、一部は受付け中
C11月の16日と17日の西日本国際福祉機器展での保田淳子氏のセミナー情報を掲載

るんるん西日本国際福祉機器展情報
@11月の西日本国際福祉機器展の保田淳子氏セミナー情報
ANPO福祉用具ネット会員用の申込用紙を掲載

現在、例年開催しているNPOのブースセミナーも計画しています。
まもなく、公開できると思います。
また、今年のNPO福祉用具ネットの企画展示は、排せつケア用品紹介コーナーと福祉用具体験コーナーとして、@ボードやシートの移乗技術体験Aポジショニング体験B電動ベッドの正しい使い方体験Bリフトの体験を予定しています。

11月16日〜18日までの3日間開催されます。
是非、会場にいらして下さいね。


posted by うさぎ at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月08日

久留米に行ってきました。

この大雨の影響で不安に思いながら、昨日、久留米まで福祉用具の勉強に行ってきましたよ!

『全てのメーカーブースを見て回るのにちょうどよい規模です』というチラシの言葉に共感して出かけました。
大きな展示会では、なかなか人が多くてメーカーの方とゆっくりお話ができませんが、一つひとつ丁寧に教えてもらうことができるので、本当に行って良かったと思いました。わーい(嬉しい顔)
るんるん展示会は今日まで開催されています。るんるん

ウェルファン主催の展示会です。
7月7日と8日久留米展示会.jpg

先ずは、講演会を聴きました。
業界の最新情報を勉強しました。
P1240250.jpg

P1240249.jpg

展示会場 約70社の企業様が出展されていました。
P1240299.jpg

展示会場では、いつもお世話になっている方にお会いしました。

ユニ・チャーム ヒューマンケア(株)の阿部さん。
ヒューマニーで共に頑張った営業の方です。
この日はライフリーのおむつを紹介していました。
P1240269.jpg

日本セイフティー 『ラップポン』の望月さん
今度の西日本国際福祉機器展でも新製品を展示していただきます。
P1240272.jpg

そして、一度乗ってみたかった『ウィル』座り心地抜群でした。操作も簡単!
展示会で何度もみていても、なかなか体験できなかったのですよね。
念願が叶いました。わーい(嬉しい顔)
P1240257.jpg

やはり、地元、九州での展示会です。
20年もこのような業界にいるので、たくさんの知り合いの方にお会いできました。
今日も開催されています。駐車場もありますので、お近くの方は行かれると良いと思いますよ。

posted by うさぎ at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月07日

西日本国際福祉機器展に向けて

11月の西日本国際福祉機器展の企画展示の内容やブースセミナーについて、数日前から準備中。
関係者との連絡調整をしながら着々と決めています。
来週早々には提出しなければなりません。
企画展示はほぼ決定。
問題は、私達が主催するセミナーが3カ所に分かれて同時開催する事になりますので、研修内容のバランスを考えています。
でも、今日は久留米に出かけます。
日曜日はキネステティクスのベーシックコースがあります。
相変わらず、忙しい毎日です。ふらふら

posted by うさぎ at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月06日

大雨の怖さ。まだまだ心配です。

大学のそばの彦山川です。
昨日の夕方18時30分ごろの写真です。
この橋は、私の毎日の通勤道路です。
学内にいると、外の天気は分からない状況で黙々と仕事をします。
たまに、トイレに行く際に、外の景色をみて雨がふっているとか晴れたな〜なんて感じる程度です。
家族からの心配の電話で外の状況を知り、あわてて帰ったのですが、その途中で、この川の状況をみて驚きました。
昨日の彦山川.jpg

そして、今朝も心配しながら出勤してみました。
車内からですが、昨日とは全く違って水量も随分と減っていました。
DSC08065.JPG

でも、今も雨は降り続けています。
上流の添田町は大変な状況のようです。
お友達もいますので、とても心配です。

posted by うさぎ at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

第19回西日本国際福祉機器展の『保田淳子氏福祉用具活用セミナー』の詳細が決定

詳しいご案内は、福祉住環境コーディネーター協会のホームページをご覧ください。
今回の事業は、福祉住環境コーディネーター協会様、福祉用具プラザ北九州様とNPO福祉用具ネットが共催事業として開催することになりました。

日時は11月16日の午後と17日の午前の2回開催致します。
病院や施設の抱え上げない介護に取り組んでいる事例報告もありますよ。
詳しい情報はこちらのアドレスでご確認ください
http://fjc21.org/event/event.php?id=842

NPO福祉用具ネットの会員専用の申込用紙はこちら
NPO福祉用具ネット専用申込 西日本国際福祉機器展TM チラシ(H29年度).pdf

posted by うさぎ at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月05日

昨日は、看護学校に講義に行ってきました。

実は、昨日は、ある看護学校に福祉用具についての講義に行ってきました。
13時から14時10分まで、約3時間の授業でした。
車いすや車いす用クッション、たくさんの排泄用具、自助具や移乗用具など大量に持参しました。
いつも思う事ですが、福祉用具の講義は準備と片づけがとても大変です。
講義の資料だけでは済まされないのが私達のように福祉用具に携わっている者の宿命かも知れませんね。
台風の影響を考えて、前日から車に積み込みました。
でも、学校に到着すると担当の学生さんがお手伝いをしてくれましたので大助かりでした。
(もちろん、片づけもです。)
帰りに、学生さん一人ひとりが書いた感想文をいただきました。
事務局に戻り、荷物を定位置に片付けを済ませて一息して、感想文に目を通してみました。
一枚一枚の紙に42人の学生さんがびっしりと感想を書いてくれているのです。
何と書いてくれているのだろうか、メッセージ伝わっただろうかと不安な気持ちで目を通してみました。

一部を原文のまま、ご紹介したいと思います。
本当は42人全てを紹介したいくらいですが・・・。
僅か3時間の講義で学生さんがしっかりと理解してくれている事、とっても嬉しく思いました。

*********************************
@今日は貴重な話が聞けて本当に良かったです。福祉用具が全病院に備わったらいいと思いました。おむつを付ける体験をしたけど、自分が思っていたより付け心地が悪く、早く外したいと思いました。患者の立場を体験することでしか気付けないことがあるんだなと思いました。今日は私達のためにお話しして下さり、本当に有難うございました。

A今日の話を聞いて、看護師として将来働くときには、その人の気持ちを考えることが大切だと思いました。こんなに便利な道具があることを知りませんでした。看護することは勿論大切だけど、退院して家に帰った時にその人が自分でいろんなことができ、自立した生活を送れるように支援できるような看護師になりたいと思いました。背抜きを実際にしてみて、患者さんの気持ちが分かった気がします。思っていた以上に苦しかったです。今日はとても貴重な体験でした。

B先ず、福祉に関する単語や言葉は聞いたことがあっても実際に見たり、触れたりしたことは今までになかったので、こういった講義、体験学習ができ、本当に勉強になった。また。看護の方法が少しずつ変化しているように在宅の分野、特に福祉用具が随分と変化していて驚いた。そして、見たことも聞いたこともない福祉用具があり、新しい知識を手に入れることが出来、とても有意義な時間を過ごすことができたと感じた。

C看護と介護でしていることが、今、違ってきているんだと思いました。多くの福祉用具があり、使い方さえ分ればとても便利なものなんだということを知りましたし、車いすを実際に見て一人で移乗できるのはすごいと思いました。ベッドで実際に自分が寝てみて上げてもらうとき、背抜きをしないと苦しい、気持ち悪いということは経験していて分かっていたのですが、下げるときに自分の中での水平の位置が少し高い位置で、実際の水平の位置まで下げると気持ち悪くなるということを経験し、患者に対してどう接するか患者のせいにするのではなく、何故その行動をとるのか、自分の方法は合っているのかを考えるべきだと思いました。

D普段の看護学では学べない技術や知識を身に付けることができました。車いすにも様々な種類があり、患者のためを思うなら、その人にあった車いすを用意したり、福祉用具を活用することで、以前に教えてもらっていた看護の技術も楽に行うことができ、また、患者さんの自立を促すことができるということを知りました。これから看護師になっていく過程で、資格のテストでは福祉用具について取り上げられるのは少ないですが、患者さんに少しでも安楽に過ごしていただけるようにしっかりと福祉用具についても勉強していこうと思いました。

E福祉用具がこんなに便利で使いやすくなっていることに驚きました。特に、車いすは全然違うと思いました。あんなに楽にベッドから車いすに乗り移れるのは本当に良いと思いました。その車いすがもっとたくさんの人に普及していったらいいなと思いました。体験では、患者の思う事と看護師の思う事が違うことが分かったのでしっかりと耳を傾けていきたいです。

*******************************
やはり、看護の教育の段階から、福祉用具について知ってもらう事、本当に大事ですよね。
将来、素敵なナースになってくれると信じています。

posted by うさぎ at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月04日

7月1日の排泄ケア研修会のアンケート結果

おむつ交換の為の腰の上げ方や側臥位姿勢のとらせ方技術
ポータブルトイレへの移乗方法の検討
片麻痺の体験と身体の安定のさせ方
事例の身体状況を想定した排泄方法の検討などを行いました。

DSC08004.jpg

トイレ用吊り具での衣類の下げ方やおむつの外し方を検討
DSC08018.jpg

DSC08026.jpg

DSC08059.jpg

排せつケア研修会一日コースのアンケート集計結果はこちら
7月1日排泄ケアアンケート結果.pdf


posted by うさぎ at 06:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月03日

下元佳子先生の『抱え上げない介護技術』セミナーについて

9月と10月に開催するセミナーについての重大なご報告です

二部は締切と致します。
今後の方は、キャンセル待ちとさせていただきます。

三部は、二部の方が一人2名ずつ連れての参加になります。つまりネットワークをつくり、確実に地域で活動しやすいようにするための計画です。
従って、これもNPO福祉用具ネットの枠は締切にしなければならないようです。
先日の排泄ケアセミナーで各々の地域の方から申込みがあり、二部の指導者育成コースの受講者と繋ぐなどの対応を致しました。

一部は、まだまだ大丈夫ですよ。

posted by うさぎ at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月02日

排せつケア研修会が終了いたしました。

昨日、排せつケア研修会を開催。
時間をかけてテーマを深めていくと新しい問題に気付く事があります。
短時間の研修ではたどり着けない課題、それが現場で実践しようとする際に立ち止まってしまう理由の一つかもしれません。
特に介助技術は想定する対象者の身体状況が百人百様です。
やってみなければ分からない場合もあるでしょう。
今回のような研修会では、伝える側も共に学ぶ機会にもなっているのだと感じます。
教科書では学べない研修会は、やはりとっても大切な機会のように感じました。

大阪や広島、佐賀県からも参加してくれた研修会でした。
受講者の皆様、長時間の受講、大変お疲れ様でした。

P1240245.jpg

P1240246.jpg

DSC08011.jpg

DSC08058.jpg

DSC08037.jpg

NPO福祉用具ネットの研修会は、こんな技術研修を大切にしたいと思います。
今回もアロン化成様から頂いたポータブルトイレが大変役にたちました。
アロン化成様にも感謝です。

posted by うさぎ at 06:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月01日

7月の予定

今日は、9時から17時まで排泄についての実技研修会です。
「しっかりと実践出来るように伝えたい!」
敢えて、超真剣に勉強したい方たちの為の研修会と言っておきましょう。
『他では出来ない充実した研修会を』と考えて計画しているのですが・・・・・?!
私達の思いが届きますように。わーい(嬉しい顔)


今月の確定している予定
7月1日(土) 排泄ケア研修会1日コース
7月4日(火) 看護学校講義
7月9日(日) キネステティクスレジスタードマークベーシックコース1日目
7月20日(木)第4回福祉用具研究会
7月23日(日)リハ専門職学習会
7月29日(土)キネステティクスレジスタードマークベーシックコース 2日目

7月末 抱えない介護技術 指導者育成コース申込締切
これは、NPOの定員枠は、ほぼ決まりそうな状況ですので予定より早く締め切りになりそうです。
後は、「やる気度」の確認で受講者の確定をする事になるのだと思います。
まだ、本気でやりたいと考えている方はチャンスがあると思いますので、チームを作ってご検討下さい。
ただし、早急にお願いしますね!


西日本国際福祉機器展のブースセミナー及び企画展示の計画を確定させること。
中頃までには決めなければなりません。

posted by うさぎ at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記