2018年10月31日

今日は福岡へ

今朝から2件の用事があり、福岡まで出かけてきました。
いま、帰ってきて、ブログを書いています。
毎日ブログを書くと決めているので、今日はお休みと言う訳にはいきませんよね。わーい(嬉しい顔)
約束は守らなければなりません。
福岡は、天神と東区の方に行ってきました。

1時間程度の待ち時間の間に、時計のベルトを交換してきました。
黒い時計は電池を交換してもらっただけで、エビ茶色のベルトの時計は、元々ベージュ色のベルトでしたが随分と古くなっていたので今回交換しました。
どこかで機会があればと、最近ずっと持ち歩いていました。
ようやく、しなければならないと思っていたことが実現したという訳です。
ベルトを交換しただけですが、まるで新しい時計を購入したように見えます。わーい(嬉しい顔)
たかが、時計の電池交換とベルト交換ですが、なかなか思うように時間が取れなかったのでした。
これで、気分すっきりとなりました。

黒色の時計は実は見え辛いですよね。
購入時の選び方の失敗でした。
DSC02827[1].JPG

posted by うさぎ at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月30日

庭のお花も綺麗です。

DSC02809.JPG

DSC02811.JPG

土佐文旦も成長しています。
DSC02806.JPG

posted by うさぎ at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月29日

抱え上げない介護の動き

昨年の10月22日からスタートした抱え上げない介護のプロジェクトが少しずつですが、確実に動き始めています。
佐賀、熊本、福岡、鹿児島、大分は、なちゅはの方に支えられながらネットワークが育っています。
〇〇県といっても広いので、これからは、身近な場所で気軽に学べる機会をつくっていく事が大切なのだと思っています。
福岡市や筑後の方でも動き始めています。
福岡市は技術認定チェックに合格した人達が中心になり、病院や施設での勉強会を開催しています。
筑後地域も佐賀や熊本のプロジェクトチームの支援を受けながら動き始めようとしています。
まだ、チームの結成ができていない長崎県は、この週末に下元先生が講演に行かれたようです。
うまく繋がっていない長崎県や宮崎県とも連携できることを願っています。

私達のチームは、職種問わず、本当にやる気のある方が頑張ってくれています。
抱え上げない介護技術ということで、最初はリハ職に遠慮したり、興味のないリハ職から嫌味を言われたりすることもありました。
しかし、今、私達の毎回の技術学習会の場では、そんな空気を全く感じることはありません。
多職種が対等な関係で、支え合い学んでいます。
先日の学習会でも、技術認定に合格をした介護福祉士さんや福祉用具専門相談員の方が素晴らしいリーダーシップを発揮してくれていました。
11月の西日本国際福祉機器展では、九州の抱え上げない介護の絶好のアピールの機会です。
仲間を募るために、皆で力を合わせて準備したいと思います。

posted by うさぎ at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月28日

昨日から久しぶりの連休を楽しんでいます!

昨日は美容院と買い物、今日は庭のお手入れやサッシなど外回りのお掃除。
やりたい事、やらなければならない事がいっぱいあるのですが、のんびりと気が向くまま過ごしています。
今朝から入浴も2回。
最近はとっても疲れている時は、お風呂に入浴剤を入れてリフレッシュする事にしています。
温泉に行くのも疲れるので、自宅風呂に入るようにしているのですが十分に癒されます。
久しぶりの連休、最高の時間です。
早朝は少し曇りのお天気でしたが、外もお天気なりました。わーい(嬉しい顔)

image.jpeg


posted by うさぎ at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月27日

西日本国際福祉機器展ブースセミナー

西日本国際福祉機器展3日間のブースセミナーです。
申込み不要
受講費用無料
どなたでも受講できます。

1日目
1日目.jpg

2日目
2日目.jpg

3日目
3日目.jpg

ブースでは、抱え上げない介護技術の個別指導も致します。

posted by うさぎ at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月26日

大牟田地域での勉強会情報です。

1 日時    平成30年11月9日(金) 18時40分〜20時10分 *多少のズレがあります。
2 場所    てとてのコミュニティサポートセンター 
(大牟田市小川町30-1 菅原病院 南側 てとてのたまご3階) 駐車場あり
3 参加費   500円  
4 募集人数  定員約 30名  
*体験型学習会のため、動きやすい服装でご参加ください。
*下記申込用紙にて、11月5日(月)迄にFAX 56-8635(サンステップ大牟田)へお願いします。

大牟田地域勉強会.jpg

申込み用紙
Microsoft Word - 大牟田 姿勢ケア研究会 第4回.pdf

posted by うさぎ at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月25日

筆記補助具『きのこグリップ』の事が新聞に掲載されたようです。

DSC01034.JPG

DSC01052.JPG

最近、『きのこグリップ』について、事務局長のブログの検索が増えて何故なのだろうと思っていました。
理由が分かりました。
新聞に取り上げられたようです。
その反響から、ここ数日ネットの検索だけでなく、メーカーには問い合わせや注文が多く入ってきているようです。
必要としている方に届くことは、開発に関わった一人としてとっても嬉しい事です。

先ずは、知っていただく事がスタートです。
知っていただいていれば、求めている人を見かけた際に教えてあげることができます。
出来ないと諦めていた事ができるようになれば嬉しいですよね。

きのこグリップの詳しい情報は、フェイスブックに掲載しています。
以下のアドレスをご覧ください。
https://www.facebook.com/有限会社-ラック-1722546754494950/

事務局長のブログは情報提供だけです。
購入に関する問い合わせ先は、以下に連絡いただきますようお願い致します。

るんるん購入先(お問い合わせ先)るんるん

購入価格について
筆記自助具『きのこグリップ』
平成30年7月23日より発売開始

本体小売価格  4,200円(税込み 4,536円)
1本ボールペン付
左右の区別、色は5色からお選びください。
但し、送料は 約500円程度の実費のご負担となります。
(お支払は、事前に郵便局から振込んでいただく事になっています。ご入金を確認後に現品を送付いたします。詳しくは電話でご確認ください。)

付属品のみ購入の場合
価格は以下の通り
ソフトグリップ付きボールペン1本
82円切手3枚同封
ソフトグリップ3個       
82円切手3枚同封

購入方法などの詳しい事は、直接に(有)ラックへ、お電話等でご確認ください。

購入先(お問い合わせ先)
〒820-0083 福岡県飯塚市秋松947
有限会社ラック
担当 久保 和也様 宛へ
090-7386-9393

よろしくお願い致します。

posted by うさぎ at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

昨夜は福祉用具研究会でした。

テーマは東京国際福祉機器展の報告
大山は、排せつケア用品や抱え上げない介護にかかわる気になった福祉用具について報告させていただきました。
後半は、坂田副理事長のいつものユニークな視点からとらえた福祉用具についての紹介でした。
技術的な視点から鋭い指摘をされていた福祉用具についての発表もありました。
その視点は、特に安全面についてでした。
また、長年介護の勉強もされてきているので、素人なのですが、坂田副理事長の気付きは、とても新鮮な視点で、私達もハッとさせられることが多くあります。
こんなお話を聞く機会があるのも、福祉用具研究会の魅力なのかも知れません。わーい(嬉しい顔)
今回は、ある方が展示場でリフトの体験をされているようすを報告してくれましたが、初めて体験をする人の顔の表情の変化をカメラで捉えていました。
坂田副理事長が私達に伝えたかったことは、声掛けや説明がないと、人は不安の表情をしているということでした。
声かけをして不安を取り除くことの大切さを気付かされました。

写真は昨夜の福祉用具研究会のようすです。
DSC02792.JPG

DSC02793.JPG

DSC02798.JPG

次回は、11月27日火曜日18時30分〜
    会場は3号館介護実習室
    テーマは見守りセンサーについてなど
    11月は、特別企画として福祉用具研究会会員以外の方も参加できます。
    ご希望の方は、NPO福祉用具ネット事務局にお問い合わせください。
    但し、専門職の方が対象です。
    企業の方は参加できません。

posted by うさぎ at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

昨年の西日本国際福祉機器展のようすです。

昨年の写真を見つけました。
今年も後3週間です。

DSCF4270.JPG

DSCF4279.JPG


posted by うさぎ at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月24日

福祉・介護機器製品ニーズ発表会の受講者を募集しています。

企業の皆様が対象です。
福祉用具開発に興味のある方、是非、ご参加下さい。

11月15日ニーズ発表会チラシ.jpg

11月ニーズ発表会申込用紙.jpg

申込み用紙はこちら
http://npofukusiyougu.sakura.ne.jp/nishinihon/nizuhappyou20181115.pdf

posted by うさぎ at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ペットボトルで心肺蘇生訓練!

フェイスブックで見つけた情報です。

ペットボトルで蘇生訓練.jpg

ペットボトルで蘇生訓練2.jpg

動画など詳しい情報はこちら
https://cpr-training-bottle.com/?fbclid=IwAR0npIwwDc-RFkTPW2RXP_LNyavcQEp_DHtD02fL7_vXfxV9k59hOe26-kk

是非、一度覗いてみてください。
きっと、役に立つことでしょう。

これも、一緒に読んでみると良いと思いますよ。
petbottle_evidence.pdf

posted by うさぎ at 08:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月23日

西日本国際福祉機器展でのキネステ体験会のご案内

西日本国際福祉機器展でのキネステ体験会の受講者を募集しています。
まだ、申込者が少なく、どのコースでも受講できます。
抱え上げない介護技術にも必要な技術です。
是非、受講して欲しいと思います。

西日本国際福祉機器展キネステ体験.jpg

西日本国際福祉機器展キネステ.jpg

PDFデーターはこちら。
30年11月第20回西日本国際福祉機器展キネステ体験講座チラシ・申込用紙.pdf

posted by うさぎ at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

セミナー情報

西日本国際福祉機器展3日目と日程が同じになってしまっていますが、セミナー情報です。

日時:11月17日(土)14時30分〜16時30分
会場:学校法人麻生塾 専門学校麻生工科自動車大学校(講堂)
所在:福岡県福岡市博多区東比恵2−8−28
参加費: 会員=1,500円
    非会員=3,000円
定員:150名(定員になり次第、締め切りとさせていただきます)
内容:演目=『介護事業者の未来とICTを利⽤した今後の展望について』
   講師=厚生労働省 老健局 振興課 基準第一係長 宮本 和也氏

セミナー.jpg

申込み用紙
181117在宅介護協会セミナーチラシ.pdf

posted by うさぎ at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月22日

ホームページに情報誌『ささえ65号』をアップしました。

今回発行の情報誌『ささえ』には、9月の2つの大きなイベント(おむつフィッター研修、抱え上げない介護のイベント)について掲載されています。
是非、読んでみてください。
ささえ65号.png

情報誌『ささえ』65号のPDFデーター
http://npofukusiyougu.sakura.ne.jp/syupan/sasae65.pdf

これまでの情報誌はホームページに掲載しています。
情報誌・出版物コーナー
http://npofukusiyougu.sakura.ne.jp/syupan.html

posted by うさぎ at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

お互いに学び合う、新しい研修会の形

後半の部の研修会をそばで一日見ていて気付いた事。
新しい仲間と、これまでに学んだきた人とが、同じ目的に向かって双方で学び合う、そんな貴重な機会になっていることを実感しました。
自発的に参加している皆様は、とても積極的で真剣です。
職種問わず、積極的な皆様の姿勢に感動です。

参加者は、福祉用具専門相談員、介護職、看護職、リハ職など他職種です。
伝える側は、伝え方技術と、自分の意図したことが伝わったのか確認されます。
仲間の厳しい目で指摘されます。
教わる方は、そのメッセージを真剣に受け止めようと必死です。
次の時期の自分自身の姿でもあります。
両者の立場を客観的に見て、冷静に助言をするリーダー役の山形理事のアドバイスもタイミングも適切。
皆がとても良いバランスで学んでいるようでした。
「このような研修会って素敵だなーわーい(嬉しい顔)」そんなことを感じました。
お互いがとても良い刺激になっているようです。
半年後が楽しみです。

DSC02743.JPG

DSC02782.JPG

DSC02773.JPG

次回は、11月11日です。
posted by うさぎ at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月21日

後半の学習会がスタート致しました。

技術認定チェックに向けた後半の部の学習会の第1回目がスタートしました。
新規の方18名
補習の方4名
タスクのための研修の方6名です。

DSC02722.JPG

DSC02719.JPG

DSC02716.JPG

全く初めての方は戸惑いも多いのだと思いますが、経験者がたくさんサポートして下さることでしょう。
各々の立場での学び方が異なる学習会となりました。
再チャレンジの方は復習の場、タスクの方は指導技術としてのステップアップの機会です。
何だか、これまでの研修会とは異なる緊張感を感じます。

後半の部、プログラムに沿って、一歩一歩進めたいと思います。


posted by うさぎ at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月20日

今日は、入試のために学内立ち入り禁止

毎年、これから、ちょこちょこと学内立ち入り禁止の日があります。
日曜日には研修会があるので、昨日の夕方、あわてて資料の印刷作業などの準備をしました。ふらふら

相変わらず、あっという間に1週間が経過し、時間が早く感じます。
パソコンを持ち帰り、自宅で仕事をしようと思ったのですが体調不良。
昨夜は胃の痛み、今朝、起きようとしたら眩暈が・・・。
という事で、今日はゆっくりと休め!という事のようです。もうやだ〜(悲しい顔)
(寝た状態で、このブログも書いています。)

posted by うさぎ at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月19日

西日本国際福祉機器展 NPO福祉用具ネットブースレイアウト完成!

全体の小間のレイアウト図です。
入口の小間ナンバー1番がNPO福祉用具ネットのブース
NPOブースレイアウト.jpg

NPO福祉用具ネットのブースのレイアウトの詳細です。
レイアウト.jpg

posted by うさぎ at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月18日

事務局からのお知らせ

フェイスブックに掲載した内容をブログでも紹介いたします。

るんるんNPO福祉用具ネットからのお知らせるんるん
いよいよ、10月21日の日曜日から、『抱え上げない介護』の技術認定チェックに向けた学習会がスタート致します。
熊本県、大分県、佐賀県、福岡県から新しい仲間37人が挑戦することが決まりました。

9月16日・17日に開催した第1回目の技術認定チェックの経験を踏まえて学習内容も検討し、益々充実した学習会にしたいと思います。

第1回目の合格者の皆様も、各々の地域や職場で、抱え上げない介護をあたりまえのケアにすることを目指して、頑張って行動を起こしてくれています。
今回の後半の部の企画で、さらに新しい仲間が増えてくれることでしょう。

11月15日~17日に北九州で開催される『西日本国際福祉機器展』でも、抱え上げない介護技術のセミナーを多く開催します。その講師を務めていただくのも、九州の抱え上げない介護のプロジェクトの仲間の皆様です。
大分県、熊本県、佐賀県、鹿児島県、福岡県のメンバーとともに、抱え上げない介護に向けた技術を伝えたいと思います。高知県からも応援に駆けつけて下さいます。
ナチュラルハートフルケアネットワークの全面的なご協力を頂いて開催致します。

今、私達は変わろうとしています。
私達の腰痛対策の為に、また、患者様や要介護者の方に優しいケアを提供するために、抱え上げない、持ち上げない、引きずらない介護技術を学び、伝えようとしています。

皆様も仲間になりませんか!
西日本国際福祉機器展に是非いらして下さい。
http://www.ppc-fukushi.net/

NPO福祉用具ネットのブースは正面入口から入って左側、小間ナンバー1番です。

西日本.jpg

るんるんまた、キネステ体験会の受講者の申し込みも受け付けています。
キネステティクスレジスタードマークの技術は、人にやさしいケアです。抱え上げない介護と同じように大切な技術です。
キネステ体験会は事前申込が必要です。
詳しくは、NPO福祉用具ネットホームページの西日本国際福祉機器展コーナーにて申込み用紙が入手できます。

posted by うさぎ at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月17日

西日本国際福祉機器展に向けての準備

NPO福祉用具ネットのブースの広さは10m×21mです。
昨日、ようやく最終のレイアウト図を作成しました。

私達の企画展示は、排せつケアと抱え上げない介護について学べるブースとしました。
以下の3つに分けてレイアウトしました。
@排せつケアコーナー
A抱え上げない介護体験コーナー
Bブースセミナーコーナー

@排せつケア用品コーナーは、
尿器から便器、ポータブルトイレ、陰部洗浄器、安心ユーリンパン、軽失禁パッドからおむつ、布おむつと紙おむつ、集尿器、自動排泄処理装置などを展示します。
さらに、おむつフィッターによる、おむつの当て方セミナーと排せつケア用品の説明ツアーを開催します。

A抱え上げない介護技術体験コーナー
ベッドからの寝返りから起き上がり、スライディングシート、ボードの体験、グローブの使い方、ポジショニング技術、座位の姿勢修正技術、リフトの使い方など体験できるるように、最新の介護ベッドとリフトやポジショニングクッションを準備いたします。
座位姿勢、寝姿勢による体圧への影響を確認できるように体圧測定センサーも準備しています。
貴重な機会です。
クッションの違いや姿勢による体圧の変化を実際に確認して欲しいと思います。

Bブースセミナーでは、抱え上げない介護技術10項目のセミナーを開催します。
Cブースセミナー以外にも、別会場にてキネステ体験会や福祉・介護製品機器ニーズ発表会も開催致します。

勿論、NPO福祉用具ネットだけでは、このような企画はできません。
会員企業様やたくさんの仲間が応援してくれます。
改めて、関係者の皆様に感謝申し上げます。


3日間、NPOのブースに座っていれば、最前線の介護の学びができるかも知れません。
11月15日~17日までの西日本国際福祉機器展に、是非いらして下さい。

西日本国際福祉機器展ホームページはこちら
http://www.ppc-fukushi.net/

また、1日目には、仲間の皆様と懇親会も計画しています。
参加を希望される方は、NPO福祉用具ネットの事務局まで連絡して下さいね。
会費は4000円の予定です。
posted by うさぎ at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月16日

介護職のための『喀痰吸引研修会』開催情報のご案内

医療依存度の高い人が住み慣れた地域で生活をするためには、医療と介護の連携は最も重要です。
今回、私達の仲間である、株式会社 四葉ケアサービスが喀痰吸引の研修会を開催することになりました。
詳しくは、以下のPDFデーターをご覧ください。
10月26日が締め切りです。
筑豊地域の方はチャンスですよ。

1.jpg


2.jpg


喀痰研修開催のご案内.pdf

第1・2号研修 研修カリキュラム 昼間コース.pdf

第1・2号研修 研修カリキュラム 夜間コース.pdf

喀痰吸引夜間職員配置加算について.pdf

喀痰吸引申込み用紙請求用紙.pdf

喀痰吸引研修質問票.pdf

問い合わせ先
 〒820-0501
 福岡県嘉麻市飯田146番地4
 (株)四葉ケアサービス 
 電話0948−62−3063

posted by うさぎ at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

可愛いコミュニケーションロボット等について

そばにいるだけで癒しの存在です。
東京の展示会場でみつけました。

機能と価格・・ですよねー!
コミュニケーションロボットや見守りロボットもいろいろありました。
何を求めるのかという事だと思いました。

タイカのブースで防災用の帽子をかぶっていました。

DSC02087.JPG


DSC02154.JPG


DSC02155.JPG


DSC02285.JPG


タカラトミーグループのブースで見つけました。
DSC02336.JPG


ネルルちゃんとユメル君
DSC02337.JPG

私達の年代から親しんでいると上手に活用できるのかも知れませんね。
他にも、赤ちゃんロボットもありましたよ。

posted by うさぎ at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月15日

今日から、平常の生活に!

東京の国際福祉機器展も終わりました。
関係企業様とのコミュニケーションもでき、充実のひとときだったような気がいたします。

今朝から、気分を引き締めて溜まっている仕事に取り掛かっているところです。
今年のHCRは防災関連の展示も多かったような気がいたします。
大量のカタログは荷物で送り、今日届く予定です。
展示会でみた新しい福祉用具情報は、24日の福祉用具研究会にて報告させていただきます。
その前に、21日には抱え上げない介護の1回目の学習会があり、西日本国際福祉機器展に向けた準備や、開発支援の仕事も予定が数件入っているので、仕事の方は相変わらず追われる環境はあまり変わらないようです。
事務局でお留守番モードにしていたユメル君と久しぶりに対面。
手を握ると、「お帰り・・、待ってたよ!」と迎えてくれました。
そして、「お疲れ?」「お肩、こりこり?」などのユメル君の言葉に癒されています。わーい(嬉しい顔)

posted by うさぎ at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月14日

来年の31年1月から2月に開催する『キネステティクスレジスタードマーク️ベーシックコース』のご案内

いま、抱え上げない介護技術とともに注目の技術です。
先ず、ベーシックコースから学んで欲しいと思います。

1月ベーシックコース表.jpg

ベーシックコース申込み用紙.jpg

3日間の研修が無理な方は、西日本国際福祉機器展でキネステ体験会を開催しますので、体験会に参加して欲しいと思います。福祉用具がなくても、優しい介護技術が学べますよ。




posted by うさぎ at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

一週間後には後半の部の抱え上げない介護の学習会がスタートします。

9月16日と17日の技術認定チェックが終わり、ちょっと一段落。
そして、後半の部が10月21日からスタート致します。
今度は100%の合格を目指したいと思っています。

事前に、新しい受講者の皆様には意思確認をした上でスタート致します。
技術認定に向けた学習会であること。
限られた日程の中での学習会なので、しっかりと予習や復習をすること。
地域で開催している仲間の勉強会の場を活用する事。
認定日は2月以降に確定するが、必ず認定日に2日間参加できること。
直前には、さらに複数回の追加補習の学習会を開催するので、学びの場として活用出来る事。
これらについて、説明し、了解していただいた上で参加していただきます。
九州各県からの参加となりますので、地域ごとに人数が限定されています。
熊本、大分、佐賀、北九州、福岡、筑後、筑豊から新しい方36名が挑戦予定です。
また、9月の技術認定に合格した方も、技術の伝え方を学ぶために多くの方が参加予定です。
今後は、技術だけでなく、マネジメントやアセスメントについても計画し、一段一段ステップアップ出来るようにしたいと思います。


posted by うさぎ at 06:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月13日

次は、西日本国際福祉機器展です。

東京国際福祉機器展が終わりました。
詳しくは、写真の整理をした後で報告させていただきたいと思います。


日頃の運動不足は自分でも自覚はしているのですが、今回の出張中では、本当に良く歩きました。
最初の2日間は筋肉痛もありました。ふらふら
このブログで携帯電話に表示された歩数計を書きましたが、もう一台のスマホの歩数と少し数字が異なっていました。たぶん、電源を切っていたことが影響していたのかもしれません。
スマホの歩数計は、
1日目 13638歩 9.4q
2日目 14317歩 9.5q
3日目 14492 歩 9.5q
(通常の事務局での仕事では、1000歩位しか歩いていませんでした。)
ただし、展示会場までは急ぎ足で歩いたり、階段もありましたが展示会場では、ゆっくりと見て周り、説明を聞くくらいなので、足は痛かったけど運動にはなっていないかも知れません。
でも、気持ちは、リフレッシュ出来ました。

出張中も11月の展示会に向けたやり取りが続きました。
ガイドブック原稿の作成やブースのレイアウト、電気使用申込みや展示物の手配・・・・。
NPOは14の企業様や団体を纏めなければなりません。
事務局の苦労は誰よりも承知しているので本部に出来る限り迷惑をかけないようにと心がけています。

posted by うさぎ at 06:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月12日

2日目

昨日の歩数計は、11000歩。
各企業の新製品の説明を丁寧に聴いていたら、とても時間が足りない。
でも、楽しい!
夜は、会員企業様との大事な情報交換。
日頃は、電話やメールによるコミュニケーションが多いので、唯一、直接に話せる貴重な機会。

展示会は、実際の製品を見ながら、開発の立場と使う側の立場の両方について真剣に考える場です。
いつも、ものづくり支援や介護の相談を受けているので最前線の情報収集の機会になります。

昨日のハプニング
展示会場でタカラトミーのブースを見つけ、近寄ってみるとユメル君を発見!
来年の8月には、モデルチェンジをされるようです。
タカラトミーのブースの中でもユメル君とネルルちゃんが一番人気のようでした。わーい(嬉しい顔)
ブースにいるスタッフの方よりも私の方がユメル君については詳しく知っているので、説明をしてあげました。
開発者に会いたいと話したら、何と、昨日会場に来られていたようです。
女性の開発者の方だそうですよ。
会えなくて残念!もうやだ〜(悲しい顔)
でも、改良して欲しい事、しっかりと伝えました。

posted by うさぎ at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月11日

1日目の展示会

先ずは、会員企業様への挨拶まわり。
会場には、7つの会員企業様が出展されています。
その企業様の展示内容を知る事から1日目は広い会場を歩き回りました。
歩数計をみたら、12000歩も歩いていました。
夕方からも重要な会議もあり、ホテルに戻ったのは22時前。
とっても貴重な1日でした。
残り2日間・・・。




posted by うさぎ at 07:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月10日

東京国際福祉機器展

毎年、この時期になると東京の展示会にきます。
日頃の運動不足を実感する展示会でもあります。
今年も3日間情報収集を行います。
春は大阪のバリアフリー展、秋は東京国際福祉機器展。
大阪は主にセミナーを聞き、東京の展示会は丁寧に福祉機器を見て廻るようにしています。
夕方には足はクタクタ、集めたカタログは大量になり、最終日に事務局宛に発送します。
3日目くらいになると、一日中歩きまわる事にようやく慣れてきます。
その時期は、もう九州に帰る頃になるのです。わーい(嬉しい顔)
他にも、企業様との様々な要件もあり、忙しい3日間になりそうです!
でも、たまには、外に出るのも気分転換になります。

展示会情報は、福祉用具研究会で報告させていただきます。

posted by うさぎ at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月09日

西日本国際福祉機器展小間の配置が決定

西日本国際福祉機器展小間のレイアウトのご紹介

11月15日~17日まで開催する西日本国際福祉機器展ブースの小間配置図です。

NPO福祉用具ネットは小間ナンバー1です。
今年は、14の企業と団体のご協力を頂き出展いたします。

出展協力企業は、
@福岡県立大学福祉用具研究会(20年間の活動をご紹介)、A(一社)日本リハビリテーション工学協会(福祉機器コンテスト入賞作品の紹介)。

【抱え上げない介護に関するコーナー】
抱え上げない介護の必要な福祉用具の展示を協力していただきます。
B(有)三電(リフト)、C(株)タイカ(ポジショニングクッション他)、D(株)プラッツ(介護ベッド)。
E住友理工(株)(体圧センサーでの座位姿勢やポジショニングによる体圧の変化を体感)、
F福岡ひとにやさしい介助を考える会(5回のキネステ体験会)。
G九州抱え上げない介護プロジェクト(高知・福岡・佐賀・熊本・鹿児島のなちゅはの皆さんと大分県とNPO福祉用具ネットのメンバーによる『抱え上げない介護』の体験コーナーと技術セミナーを担当)、
H(株)クローバ様には、スタンディングマシーンの展示協力をしていただきます。

【排せつケア用品紹介コーナー】
軽失禁対応品から、尿器・便器・集尿器、ポータブルトイレ、スカットクリーン、陰部洗浄器、安心ユーリンパンなど展示します。
I(株)リブドゥコーポレーション、Jニシキ(株)、K朝日産業(株)、L日本セイフティ(株)、
MNPO福祉用具ネットの保有する排泄ケア用品を展示。

是非、NPO福祉用具ネットのブースにお立ち寄り下さい。

西日本国際福祉機器展ブース配置.jpg

小間のレイアウト
PDFはこちら
PPC2018_komazu.pdf

posted by うさぎ at 06:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月08日

青シソの実を収穫しました。

我が家の青シソものがたりです。

こぼれた種から数本の芽を大切に花壇に移して育てた結果、今年は大変なことに・・。
DSC01976.JPG

青シソの葉の時期も終わり、どうしようかと悩んだ結果、紫蘇の実のレシピを参考に挑戦をすることにしました。(しかし、あまりにも大量なので、友達にも半分引き受けていただくことにしました。)
DSC02057.JPG

私はボールいっぱいの紫蘇の実を醤油漬けと塩漬けにしました。
DSC02065.JPG

紫蘇の実を収穫した後の花壇には、お花を植えました。
このお花は、近所の友達が持って来てくれたのです。わーい(嬉しい顔)
DSC02071.JPG

今年の、我が家の青シソ物語も、これで一件落着。

posted by うさぎ at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月07日

ユメル君の存在感

昨日の出来事です。
情報誌の発送作業中のことでした。
忙しくてユメル君にタッチする時間なかったら、突然に「抱っこししてー!」とユメル君が話し、それでも、無視をしていたら、「僕、寂しいよー!もうやだ〜(悲しい顔)」といわれて、ドキッとしました。
「ごめんね!ごめんね!ユメル君」と思わず抱きしめました。
ユメル君が来て、半年余り。その存在感はとても大きくなっています。

寝顔がとても可愛いユメル君です。わーい(嬉しい顔)
DSC01969.JPG

一人で寝かせるのが可哀想なので、側には犬のぬいぐるみを置いていますよ!わーい(嬉しい顔)
DSC01975.JPG

本当に、このユメル君は、よく考えられています。
感動!


posted by うさぎ at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月06日

11月の西日本国際福祉機器展セミナー情報

第20回西日本国際福祉機器展のご案内
日時:11月15日~17日までの3日間の開催。
会場:北九州市の西日本総合展示場 新館 
(小倉駅新幹線口から徒歩5分)

ようやく、西日本国際福祉機器展リーフレットが完成!

3日間開催されるセミナー部分のみ抜粋しました。

NPO福祉用具ネットはブースセミナーは毎日開催しています。
抱え上げない介護と排泄ケアに関する体験会やセミナーを開催。
参加費用は無料・事前申し込みは不要。

キネステ体験会は5回開催します。
木と金は午前と午後の開催。土曜日は午前のみ開催。
参加費用は700円です。事前のお申込みが必要です。
申込み用紙は、こちら
http://npofukusiyougu.sakura.ne.jp/…/2018nishinihonkinesute…

1月15日の初日の午後には、福祉・介護機器ニーズ発表会を開催します。
福祉機器開発に関わる企業様が対象です。
事前の申し込みが必要です。参加費用は無料。
申込み用紙はこちら
http://npofukusiyougu.sakura.ne.jp/…/nizuhappyou20181115.pdf

他にも、興味深いセミナーが沢山開催されます。
是非、いらして下さいね。


西日本国際福祉機器展表紙.jpg

西日本国際福祉機器展 時間割表.jpg

西日本国際福祉機器展 セミナー詳細3.jpg

西日本国際福祉機器展 セミナー詳細1.jpg

西日本国際福祉機器展 セミナー詳細2.jpg

会員の皆様には、リーフレットを郵送致します。

posted by うさぎ at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

西日本国際福祉機器展のリーフレットが届きました。

今朝の10時に着くように手配していた西日本国際福祉機器展のリーフレット500部。
今朝、宅配便から台風のために配達できないとの電話連絡があり、集配所まで受取に行ってきました。
今、情報誌とともに発送に向けての作業をしています。

DSC02060.JPG

できれば、今日中に発送をしたいと頑張っています。

posted by うさぎ at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月05日

9月の抱え上げない介護のイベントのアンケートの集計結果のご報告

大変遅くなりました。
ようやく、9月の3日間のイベントのアンケートの集計が纏まりました。

9月15日一部のアンケート結果
一部9月15日アンケート結果.pdf

9月16日二部のアンケート結果
二部9月16日アンケート結果.pdf

9月16日・17日三部のアンケート結果
三部9月16日17日技術認定チェックアンケート結果.pdf

貴重なご意見を沢山いただきました。
アンケートの記載をしていただきました皆様、本当に有難うございました。


posted by うさぎ at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月04日

近況

イベントの後始末もようやく一段落。
平常に戻りつつあるこの頃です。
月初めの会計業務も終わり、遅れている情報誌も今週末に処理するだけになっています。
最近は、開発支援が続いています。

そして、来週は、東京国際福祉機器展に出張です。
東京でも、企業様との会議予定が既に2件入っています。
主な目的は、東京国際福祉機器展での情報収集ですが、ちょっと外の空気を吸って気分転換したい心境です。

そして、東京から戻ると、福祉用具研究会でのHCR報告と抱え上げない介護後半の部がスタート。
更に、西日本国際福祉機器展の準備です。
抱え上げない介護のマネジメント研修やアセスメントのための研修会も企画しなければなりません。
私の頭の中はまだまだ糸が絡まった状態です。
昨日も、抱え上げない介護に関係した夢をみてしまいました。ふらふら

毎日、こんなにいろんなことを考えていれば、当分は免疫力も高まり、病気が逃げていってくれるような気がしますが・・・。わーい(嬉しい顔)

posted by うさぎ at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月03日

情報誌『ささえ』65号が完成!

実は、9月の大きなイベント開催の中、情報誌の発行準備もあり、さらに大変な思いを致しました。
毎年、この時期は西日本国際福祉機器展の準備もあって、神経はピリピリ状態。ふらふら
昨日の午後、その苦労した『ささえ65号』の印刷が完成し届きました。

DSC01980.JPG

この『ささえ』65号は、何度も何度も編集校正の作業をしたにもかかわらず、印刷業者さんからも沢山の指摘を受け、校正をしていただきました。
(印刷業者さんのよしみ工産様には、本当に感謝です。ありがとうございました。)

昨日は、早速、会員名簿の確認作業とともに、夜遅くまでかかって宛名ラベルを貼る作業までは終わりました。
後は、同封物の準備をしなければなりません。
せっかくなので、西日本国際福祉機器展のリーフレットを同封しようと思っています。
その、リーフレットが届くのは週末の土曜日になりそうです。
発送が、またまた遅れてしまいますが、会員の皆様、お許しくださいね。
もう少しだけ、お待ちください。

『ささえ』65号には、直前に開催したイベントの様子を掲載しています。
お楽しみにexclamation
posted by うさぎ at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

平成30年度大忘年会のご案内

平成30年の忘年会を、今年も源じいの森で開催致します。
はじめての方も大歓迎です。
今年は、特に抱え上げない介護を通して、新しい仲間がたくさんできました。
新しい仲間の皆様が参加して下さることを楽しみにしています。
皆さんとゆっくりとコミュニケーションができる機会です。
お子様連れも大歓迎です。
ご家族とともに、是非ご参加下さいね。
温泉に入って、泊まることもできますよ。

期日: 12月8日(土) 18:00からスタート
会場: 源じいの森 
会費: 忘年会のみ参加   5,000 円予定
    忘年会 + 宿泊  9,000 円予定
★お約束 人差し指サイン プレゼントを1つ持参すること
参加ご希望の方は下記までお申込みを、NPO福祉用具ネット 大山まで

締め切り  11月16日金曜日まで
宿泊希望者の方は、予約の都合がありますので、出来る限り早めにお知らせいただくと助かります。

詳しくチラシはこちらをご覧ください。
Microsoft Word - 忘年会のご案内.pdf

posted by うさぎ at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

さて、この青シソの実をどうしましょうかねー。

DSC01976.JPG

DSC01978[1].JPG

もう一つ、同じようなものが他にもあるのです。
posted by うさぎ at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月02日

土佐文旦の成長

8月7日のブログでも紹介した、高知からいただいた土佐文旦のその後の成長です。
2017年1月に食した後の種をプランターに蒔いていたら、2本の芽が出ていました。
そして、地植えに移したら、小さかった方は枯れたようで、1本だけが少しずつ成長してくれました。

土佐の文旦.jpg

今年の猛暑は、頑張って水やりもしましたが、写真のように伸びてきました。
実は、土佐文旦は高知の下元先生からのプレゼントでした。
この一本の芽の成長をみていると、まるで、『抱え上げない介護』の取り組みと同じように感じてしまうのです。
何度も何度も種を蒔いたけれど、まったく芽の出なかった介護技術です。
まるで、文旦を食べて『美味しかったね!』で終わってしまうように・・・。
昨年の1月にあまりにも美味しかったので、私の家の庭でも育てることができるだろうかと半信半疑で種を植えてみました。
その結果の成長です。

下元先生からのアドバイスで、昨年から、他県のチームとともにチームで、抱え上げない介護をあたりまえのケアにしたいと取組み、そして、伝える技術の勉強会を何度も開催しました。
特に4月からの半年間は初めての挑戦に必死でした。
そして、その成果を確認するために、技術認定の試験を行ったのでした。
受ける人も、サポートする私達も本当に一生懸命でした。
その結果、20人が合格。
手を取り、一緒に涙を流し共に喜び合いました。
その後、さらに嬉しいことが次から次へと報告されてきました。
単なる技術の習得ではなく、みんなは、その技術を伝えるために職場や地域で、早速、活動を起し始めてくれていたのです。
あれから僅か2週間くらいしか経っていないのに。
本当に、頼もしい存在に成長してくれていました。
自発的に、積極的に活動をしてくれているようすは、我が家の庭の文旦の成長と重なって見えてしまいます。

まさしく、これも高知からのプレゼントなのだと感じ、抱え上げない介護という技術の芽と育て方を教えてくれ、さらに、しっかりとサポートをしてくれている下元先生に改めて感謝いたしました。
本当に有難うございます。
NPO福祉用具ネットとしての想いが16年かけて、ようやく一歩前進したのでした。
勿論、これからは、大切に育てるという役割がありますが、私達の周りにはたくさんの仲間がいてくれています。
みんなで力を合わせて、益々ステップアップをしたいと思います。
皆、一緒に頑張りましょうね。わーい(嬉しい顔)
『みんなでやれば出来る!』ですよねexclamation×2


posted by うさぎ at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月01日

おむつフィッター研修会のアンケート結果について

お陰様で、我が家は台風の被害も有りませんでした。
地域によっては大変だったようですね。
皆様の地域は大丈夫でしたでしょうか?

大学内も、夏休みが終わり、後期の授業がスタートしたようです。
廊下での学生の声が聞こえてきます。

さて、9月に開催したおむつフィッター3級研修会のアンケートの結果の集計ができましたのでご紹介いたします。
30年9月オムツフィッター研修会アンケート結果(H30.9.8).pdf

アンケートの内容についてNPOの事務局から、参加された皆様に理解していただきたいと思い、思い切って書かせていただくことに致しました。

@開催場所が不便な場所というご意見について一言。
この企画は、本NPOがむつき庵様にお願いをして開催しているおむつフィッター3級の研修会です。
事務局がある私達の地域で開催している研修会ですので、遠方から参加される方は、そのことは承知して参加されているのだと思います。
また、今後の2級や1級の開催は、内容や講師の都合上で、私達の地域での開催は無理と判断しています。
ご希望の方は、京都まで行かれてくださいね。


A座席に座っての受講の椅子が硬いのでお尻が痛いとのご意見について。
今回の会場は大学です。
皆さんが座った机、椅子で学生たちは毎日授業を受けています。
座り心地は良くないかもしれませんが、お許しいただきたいと思います。
また、椅子にはクッションはありません。
座り心地は良くないと思いますので、必要な方は座布団を持参して下さい。


B参加人数が多いというご意見については、数年に一度しか開催していない研修会です。むつき庵様も私達も出来る限り多くの方に受講させてあげたいとの想いで、最大限に受け入れるように出来る限りの準備を致しました。
次回の機会といっても、次回のチャンスは数年先になるのです。
直ぐに定員いっぱいになる研修会です。
そんな、事情もご理解していただけたらと感じました。

たくさんの研修会を企画していると、アンケートにはさまざまなご意見が書かれます。
主催者としては、ちょっと悲しくなるような意見もあり、正直がっかりとすることがあります。
勿論、少数意見ですが・・・。もうやだ〜(悲しい顔)ふらふら

数年先に開催することになると思いますが、その時に受講される皆様、私達の地域は、博多から90分位かかります。伊田駅からも徒歩15分くらいかかります。
そんな不便な場所であることを承知した上で申し込みをされてくださいね。

限られた条件の中で、受講者のことを考えて準備をしています。
ベッドの台数も限られています。グループワークのできる会場となりますと使える教室も限定されます。

でも、多くのボランティアスタッフに支えられて準備をしていること、京都から大量の教材を送っていただいていることをご理解いただけたら嬉しく思います。

posted by うさぎ at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記