2018年11月12日

福岡市政だよりに掲載されていた記事

福岡市政だより11月15日号の市議会だよりに、抱え上げない介護について掲載されていました。
介護職不足の問題について、本当に真剣に取り組んでほしいですよね。私達も共に支援したいと思いました。
高知県の下元佳子先生の頑張りに共感する仲間が、今、全国でコツコツと頑張っています。
私達もその仲間のひとりです。
抱え上げない介護の研修費用の補助金がでている地域もあるようですが、補助金もない私達の仲間の多くはボランティアでの活動をしています。
それでもやるのは、抱え上げない介護が、介護者や要介護者の双方に良い結果をもたらすという事を理解しているからです。

福祉用具を活用するという事がいかに大切かということを知って欲しい。
福祉用具がうまく活用できていない現状をしっかりと認めて対策を講じて欲しいですよね。

46043099_209385163290103_3419637941574565888_n.jpg

posted by うさぎ at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

顔面神経麻痺7日目

今朝、実感できた症状は歯磨きの後のうがいの際の口からの水漏れが軽減したように感じました。
明らかに快方に向かっている事を実感。
ステロイド内服治療7日目。
美顔器効果も実感しています。

今朝はマスクを外して出勤しました。
そして、事務局のある3号館の建物の脇に、ふと目をやるとジュータンのようにきれいな光景が目に留まりました。
DSC02976[1].JPG

毎日通っていても、心の持ち方では何も見ていないことに気付き、改めて廻りを見てみました。
大学内の秋を実感したのでした。
DSC02977[1].JPG

DSC02979[1].JPG

昨日の学習会でのみんなが真剣に学ぶ姿勢や、顔面神経麻痺を気遣ってくれる仲間のやさしさが私の気持ちを癒して下さったようです。
最近では、みんなが準備や後片付けをして下さるので、本当に楽になりました。

そして、フェイスブックの言葉が、何故か今の私の心に沁みたのでした。

〜思わず涙する感動秘話より〜
すべての人が 
幸せを求めている。 
しかし幸せというものは 
そうやすやすと 
やってくるものではない。 
時には不幸という
帽子をかぶってやってくる。 
だからみんな
逃げてしまうが、
実はそれが幸せの正体 
だったりするのだ。 
− 坂村真民 −

辛いことがたくさんあっても、嬉しい事もいっぱいあることを感じるこの頃です。
支えて下さっている皆様に感謝いたします。

posted by うさぎ at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記