2019年08月03日

技術認定チェックの補習を行っています。

今日は、抱え上げない介護の技術認定チェックを開催しています。
4月末の第2回技術認定チェックの際に、さまざまな理由で2日間受験できなかった方か4名いらっしゃいました。
今回は、明日リフト研修の為に準備した福祉用具を活用し、その方達の補習の認定チェックを開催したいと関係者に声掛けを致しました。
お仕事の都合をつけて受験に来られた方は3名です。
その技術認定のためにチェッカーとして仲間4人が申し出てくれました。
今、この会場には、抱え上げない介護を当たり前のケアにしたいと願う気持ちの人たちが集結しています。
認定チェックなので、審査は厳しく、こころは優しくです。
3人の挑戦者の皆様も、各職場では専門職のベテランの皆様方ばかりです。
でも、この抱え上げない介護の技術を学ぼうとする姿勢は、とても謙虚です。
そんな、みなさんの姿勢に感動です。
いくつになっても学び続ける姿勢は、とても素敵。
こんな光景を身近に感じる私はとても幸せです。

DSC00568.JPG

DSC00578.JPG

DSC00596.JPG

DSC00630.JPG

DSC00638.JPG


posted by うさぎ at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

第21回西日本国際福祉機器展NPO福祉用具ネットブースへの協力企業と出展内容について

11月14日〜16日に開催される西日本国際福祉機器展の詳細が少しずつ確定してきました。

今日は、NPO福祉用具ネットのブースへの協力企業様と出展内容のご紹介をします。

抱え上げない看護・介護の推進のために多くの皆様に助けていただく事ができました。
さらに、排せつケアは、自動排泄処理装置などの開発に携わってきたNPOとして、多くの現場をみてきました。
さまざまな課題がある事にも気付きました。
排せつケア用品は、現場の専門職や介護をされる方が情報として知ることがとても大切だと感じます。
だからこそ、私達は、新しい排せつケア用品を多くの方に知っていただきたいとの想いから、小さなコーナーを設けて、排せつケア用品の紹介を継続してきました。

もう一つ、今年は、新たに防災コーナーを設けます。
さまざまな災害は決して他人事ではありません。

NPO福祉用具ネットのブースの中には、私達のたくさんのメッセージがいっぱいです。
11月に北九州で開催される西日本国際福祉機器展に是非いらして下さいexclamation

西日本国際福祉機器展協力企業一覧と出展内容.jpg

PDFデーターはこちら
NPOブース西日本国際福祉機器展出展企業2019.pdf
posted by うさぎ at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記