2018年11月06日

身体の異変

実は、昨夜の夜中に救急外来を受診してきました。もうやだ〜(悲しい顔)
病名は、右顔面神経麻痺。
23時頃、鏡をみて、初めて顔の変化に気付いて、友人に相談。
直ぐに救急外来に連れて行ってくれたのです。
問診、診察、胸写、頭部CT、採血、さらにMRIと必要な検査を直ぐにしていただきました。
さすが、大病院です。

自宅に帰り着いたのは3時半過ぎでした。
そして、今朝から、ステロイド治療を開始。
右目は完全に閉じないので沁みて痛いし、左顔面や口腔内は何となく違和感を感じる。
顔の表情は、自分では鏡を見なければ分からないという状況です。

2日前くらいから異常を感じました。
最初は、洗顔をすると、目が開けられないほどに痛みかありました。
その後の目を見ると充血してチクチクした痛みは続いていました。
他には、右の唇を何度も噛んでしまうという事が何回か続きました。
右の耳の下部分にも痛みがありました。

そんな症状があったのですが、原因が分からず、いつも通りに仕事をし昨日も帰宅後に入浴。
洗顔中に、また同様の激しい痛みがあり、痛い方の目の付近を触ってみると、しっかりと閉じているはずの瞼は閉じていなく、目が開いている状態に気付いたのです。

そうなんです。
洗顔時の激しい痛みは、目が開いた状態で石鹸を付けて洗顔をしていたという事だったのです。
朝、お化粧をする時も気付かなかったのですが、一日の間に顔の左右は異なり、笑ったり表情をつくると右半分は顔が明らかに変化していませんでした。
「顔面神経麻痺だ!」と気づきました。
とっても、ショックでした。
最近は、1週間前に眩暈があったくらいで、他には気になる症状は、全くありませんでした。

原因は良く分かりませんが、しばらくは内服治療を続けていくことになりました。
深夜の時間にも関わらず、複数のお医者さんが相談をしながら、とっても優しく対応して下さいました。
看護師さん、放射線技師さん、事務職員さん、みんなとっても親切に対応していただきました。
23時に異常を確信し、1時間後には病院に行っていたのです。必要な検査を翌日回しにせずに、直ぐに対応してくれた先生には、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
さらに、何よりも、万が一のことを気にして、夜中に病院に連れて行ってくれた友人に心より感謝しました。

本当に、いろんなことがありますよねー。
ステロイドの副作用が心配。
でも、今週末は研修会、来週は西日本展示会です。
お休みしている状況ではありません。





posted by うさぎ at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184879448

この記事へのトラックバック