2018年11月19日

西日本国際福祉機器展キネステ体験講座のご報告

西日本国際福祉機器展で毎年開催しているキネステ体験会です。
今年も5回に分けて開催致しました。

その魅力が少しずつ伝わっている事、本当に嬉しく思います。
アンケート結果をご覧ください。

私自身も、最初は良く理解できなかったのですが、今、こうしてNPOが抱え上げない介護を取り組む中で、キネステの技術の大切さが良くわかるようになりました。
単に重さの移動や動きの技術だけでなく、声をかけ、手で触って伝える、目で確認してもらう、対象者の感覚にも刺激を与えながら動くという事。
考えてみたら、当たり前のことを忘れてしまっていることに気付かされました。看護師なら分かっているはずなのに、忘れてしまっていました。
相手にも動きを理解させるということ。勝手に相手の手を胸に置き体位変換をしているような光景を良く目にします。抱え上げない介護を学んでいる仲間には、是非、このキネステ技術を学んで欲しいと思い、皆様に声をかけています。
今回も仲間が受講して下さいました。
そして、学んだ全ての人が、抱え上げない介護の技術とようやく結び付きましたと言ってくれます。「教えてくれてありがとうございました!」と感謝されています。
いつも、NPO福祉用具ネットをサポートしてくれている、福岡ひとにやさしい介助を考える会の皆様に感謝いたします。
1月と2月のベーシックコースとアドバンスコースにも、多くの方が申し込みをして下さっています。体験会も随時開催していく予定です。
キネステ技術はどなたでも受講できます。先日の体験会にも在宅介護者の方も参加されていました。

46354734_2326370334058475_1594950313121415168_n.jpg

46436504_2327730213922487_7191967297437696000_n.jpg

46503154_2327730297255812_6150427493250629632_n.jpg

アンケート結果
キネステアンケート.jpg

PDFはこちら
2018キネステ体験講座アンケート.pdf

posted by うさぎ at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185005229

この記事へのトラックバック