2019年07月02日

膝のための靴を試しています。

産学医の共同開発商品の靴を、昨日の7月1日から履いています。
実は、京都橘大学健康科学部教授の村田伸先生が開発に関わった靴なのです。
村田伸先生とは、大変長いお付き合いで、開発品の検証や高齢者の体力測定などの際にお世話になり、現在もさまざまな開発品の検証のアドバイスをしていただいています。
アシックス商事から発売されています。

膝内側への負担軽減のための靴です。
【KNEESUP】
20190701171411308_0004.jpg

20190701171411308_0002.jpg

私は、どんな洋服でも合わせやすいように黒のCASUAL−TYPEを選びました。
くつ正面.jpg

靴側面.jpg

1日目の感想
厚底設計なので、ちょっと背が伸びた感じ。
歩行時の姿勢が良くなった感じ。
歩行時に自然と内側に圧が加わっている感じがする。

この靴は、今月の後半には、NPO福祉用具ネット事務局で試し履きが出来るようになる予定です。

posted by うさぎ at 07:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
内側に圧がかかる設計ってすごいですね!靴ってとても大切で、私は歩き方が悪いのかいつも踵の外側の靴底が減るのですが、膝が痛くなる原因の一つと言われました。今は靴の底に矯正できる敷物(百均で優れモノがあるんですよ!)で膝に負担がかからない工夫していますが、是非試したいです!
Posted by ニッシー at 2019年07月03日 07:09
まさに、対象者のようですね。
説明を受ける際に、靴の外側が減る歩き方をしている人、膝が痛い方・・・などと説明がありました。膝痛を起す前から履いて欲しい靴だそうです。19日に商品が届きますよ。2日間履いてみましたが何だか姿勢が良くなった感じがします。
Posted by 大山美智江 at 2019年07月03日 07:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186217273

この記事へのトラックバック