2019年09月14日

来月から3回目の技術認定チェックに向けて後半の部がスタートします。

来年の3月に実施する技術認定チェックは、現在35人が挑戦することが決まっています。
大分県、佐賀県、熊本県からも合流することになっています。

1回目は、平成30年9月、2回目は平成31年4月に実施しました。
次回は令和2年3月に開催することが決まっています。
その技術認定チェックに向けて、今年の6月から9月までは基礎的な事を学びました。
10月からはさらにステップアップした内容になります。
後半は、抱え上げない介護の技術を伝えられるようにすることが目標です。

今回は、およそ1年かけての事前学習をした上で認定チェックに挑むことになります。
これまでの半年程度の事前学習の学び方では不十分だと感じたからです。
今、3回目の技術認定に向けて学んでいる人の中には、既に職場でノーリフティングに取り組んでいる方が多くおられます。
1回目、2回目に合格された方が仲間づくりの為に、職場のスタッフに受講を勧めて学びに来られているのです。
何となく理解していたことを時間を費やし一つひとつ確認をしながら学んでいるのです。
とても熱心です。わーい(嬉しい顔)

一方では、既に技術認定に合格をされた方の学びの場としても活用されている方がいます。
指導技術をさらに高めるために、継続的に学んでいる1期生、2期生の合格者の皆様です。
毎回タスクとして参加される方は着実にステップアップしているようです。わーい(嬉しい顔)

来月のフォローアップ研修会も45名の方が受講予定です。
最初の合格者が誕生してから1年になります。
一生懸命に地域や職場で頑張っている人を少しでもサポートしたいと考え、今、事務局は関係者と打ち合わせを重ねているところです。

紫陽花、今日も綺麗でした。この色がとても素敵です。
DSC01272.JPG

posted by うさぎ at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186547578

この記事へのトラックバック