2019年11月08日

一人暮らしの高齢女性の食事

最近、私は週に2〜3回の食事のための買い物支援を主にしています。
結構、バランスよく食べてくれています。
好きなもの、歯が無くても食べられる柔らかなものをと考えながら選んでいます。
先日は、懐かしそうな【ずんだ餅】やサツマイモで出来たおやつも喜んで食べてくれました。
一緒に行こうかと尋ねると「任せるから・・」といいます。
きっと、歩くのがきついからなのでしょう。
少しずつ変化しているのが分かります。
歩くと膝が痛いようです。
最近は、楽しみにしていたデイサービスや病院行も止める日が出てきました。
でも、泣き言はいいません。
疲れたらベッドにゴロンと寝ます。
関わって3カ月。そんな少しの変化で、体調のようすがわかるようになりました。

もうすぐ、90歳です。
気持ちのままに好きな時に好きな場所へ動くことが一番です。
いろんな美味しいものも食べてもらいたいと思いつつ・・・。

今月から週に3回の訪問介護を受けています。
人が来てくれる事が一番刺激になり嬉しいようです。
ヘルパーさんが調理してくれる料理も、とても嬉しそうに全部食べてくれます。
小さな小鉢に分けてくれているので、2〜3回に分けて食べます。
パックに入ったお惣菜とは違ってとても美味しいようです。
きっと、見える真心なのかもしれませんね。

9月からの本格的な関わりがスタートした事例です。
訪問介護、福祉用具、ボランティア支援、家族の頑張りによって確実に変化している事例。
ケアマネさんのケアプランと関わっていただいているヘルパーさんのお人柄によって人生が変わるということを改めて感じるこの頃です。
信頼できる仲間が多くいてくれる事、NPOの素敵な宝です。


posted by うさぎ at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186780006
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック