2018年07月01日

7月の福祉用具研究会は、23日の月曜日に決定!

〇 日時 7月23日月曜日 18時30分〜20時30分
〇 会場 福岡県立大学附属研究所1階 大セミナー室
〇 内容 「福祉用具の活用の実態や、実態から見えてきた課題の検討2(仮)」
〇 報告者
  ◆ケアマネの立場から
   大里華代氏(居宅介護事業所明日香園)

  ◆リハビリの立場から
   井内陽三氏(あおぞらの里行橋 訪問看護ステーション)
   沖田勝利氏(京都病院)
   
  ◆福祉用具専門相談員の立場から
   井上愛子氏(株式会社クローバー)
   川上徳高氏(太陽シルバーサービス株式会社)

  ◆居宅支援の立場から
   石田信子氏(ホームヘルプめい)
  
福祉用具研究会は、事前に入会している研究会会員さんのみ参加可能です。
いつでも自由に都合の良い時に参加する研修会とは異なります。
福祉用具に興味があり、自発的に学びたいという気持ちを持っている人の集まりです。
だから、20年も続いているのでしょうねー!
長いお付き合いの仲間も多く、『絆』を感じます。
大部分の方は、NPO福祉用具ネットの会員さんでもあります。
会員さんは、専門職だけでなく、企業の方もいます。
数年前から、福岡県新産業振興課の方も毎回参加されています。

posted by うさぎ at 07:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉用具研究会

2018年02月05日

新年度(30年度)福祉用具研究会の会員募集について

来年、20年目を迎える福祉用具研究会の新年度の会員募集を受付けています。
原則、毎回参加のこと。
但し、特別の事情がある場合は事務局に連絡をする事。
ちょっと厳しいようですが、この福祉用具研究会は自発的に学びたい人が集まって意見交換をする場です。
誰か講師がいて教えてくれる研修会ではありません。
一人一人の会員さんが主体的に参加して、進行も順番性。
そんなスタイルだからこそ、20年間も続けられているのです。
職種もさまざまですが、各々の立場から積極的に意見交換をします。
新しい気付きもたくさんありますし、直ぐに仲間になれます。
勿論、初めての方でも学びたいという意欲さえあれば大歓迎です。

遠方より参加している方も多くいます。
大分県や福岡市、北九州、飯塚や行橋、宮田などからも参加されています。
29年度は専門職会員は30人余り、企業会員は20人程度の会員で構成されていました。

都合の良い時だけ、顔を出すという方はご遠慮下さいね。わーい(嬉しい顔)

福祉用具に興味があり、ともに勉強したい方を募集いたします。
締切は3月20日。
年度途中からの参加はお断りしています。

平成30年4月からスタートです。
連絡はすべてメールで行いますので、申込み用紙にメールアドレスが必要です。
4月開催については3月中にメールでご案内いたします。

申込み用紙はこちら
Microsoft Word - 平成30年度福岡県立大学福祉用具研究会案内最終.pdf


posted by うさぎ at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉用具研究会