2019年10月18日

西日本国際福祉機器展、申込みが必要なセミナー情報です。

セミナーのご案内
申込みが必要です。
11月14日抱え上げない看護・介護の実践のポイント
パート1 マネジメント支援の取り組みとは
パート2 目標設定・行動計画とは
何れも、ノーリフティングケアを職場で進めるために必要な大切なポイントです。
職場の管理者の方、リーダーの皆さんに是非、聴いていただきたい内容です。

今、私達の仲間が技術認定チェックに挑戦しています。
これまで49人の合格者がいます。新たに35人が来年の3月の認定試験を目指して頑張っています。
その仲間も、このマネジメントについて学んでいます。

311312セミナー.jpg


今年も、キネステ技術体験会を開催致します。
キネステ技術は、抱え上げない介護技術を学ぶ上でも、とても大切な技術です。
福祉用具を使わなくても出来る人にやさしい技術です。
先ずは体験して下さい。
5回開催致しますが、内容は同じです。
ご都合の良い日を選んで申し込みをして下さい。


キネステ体験会.jpg

posted by うさぎ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

第21回西日本国際福祉機器展ホームページが公開されました。

西日本国際福祉機器展のホームページが更新され、たくさんの情報がアップされました。
是非、ご覧ください。
http://www.ppc-fukushi.net/index.html

セミナー情報はこちら
http://www.ppc-fukushi.net/seminar.html

出展社情報はこちら
http://www.ppc-fukushi.net/company.html

posted by うさぎ at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

在宅事例のボランティアで気付いた事

高齢女性との関わりを、この3カ月間継続してきました。
ヘルパーさんが掃除を始めようとすると、そんなことをしなくても良いから座って一緒に話をして欲しいといいます。
その対応に苦労しながら限られた時間に最低限の掃除をするヘルパーさん。
流石にプロです。
きっと淋しいのでしょう。
お掃除をしてくれることの有難さも本人は良く感じてくれています。
「綺麗にしてくれてありがとう!また来てね。」と必ずお礼を言ってくれます。

実は、昨日の夕方に買い物に連れて行ってあげることにしました。
「杖は?」と聞くと、出かける時は持っていかないとのこと。
スーパーに着いた時からショッピングカートを歩行車代わりに押しながら歩いています。
購入したいものは神棚用のシバと栄養ドリンクとおかず。
自分で選びたいとの希望をかなえてあげたいと思ったのです。
数種類のものを選びましたが、結局はいつもと同じものでした。
時々私が歯のないお婆ちゃんが食べられそうなもの買って持参していたのですが、それと同じものを購入しました。
購入品が決まっているので、僅か15分程度の買い物でした。
自宅まで帰ってからの動き、また買い物中の様子を見ていると、足が痛いのだろうなーと感じました。
口には出しませんでしたが、気持ちに身体が思うようについて行けないのだろうと感じました。
家族とケアマネさんに報告。
やはり、車いすを活用すべき時期のようです。
既に家族が購入して準備をしているのですが、お婆ちゃんが拒否しているだけです。

淋しがり屋ということ、コミュニケーションを重ねるたびに認知症の実態が少しずつ理解できるようになりました。
そして、膝も限界になりつつあること感じた次第です。
「私は何でもできる!」 「甘えたらいけない!」
杖なんて使わない、車いすなんて乗らないという高齢女性です。
さて、これからどのような対応するか・・・・。



posted by うさぎ at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月17日

令和2年3月に実施する技術認定チェック挑戦者の内訳

来年は3回目の技術認定チェックの開催となります。
今年の6月から認定試験に向けて頑張っている仲間の皆様35人の内訳を確認致しました。

その職種は

技術認定チェック3期生の職種.jpg

地域の内訳も調べてみました。

技術認定チェック挑戦者3期生の地域.jpg

posted by うさぎ at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2年前のスタートの頃を思い出しています。

2017年10月22日抱え上げない介護の技術研修会を終えて記念撮影した日。
あの時から、やがて2年になろうとしています。
「もう2年なの・・?」「まだ2年しか経過していないの・・?」
私にとっての、この2年間は毎日が闘いでした。そして、今も続いていますが・・・・。ふらふら
心の中で大声で叫びながらの日々だったような気がします。もうやだ〜(悲しい顔)

2年前の写真を見つけました。
100人のチームの皆様の写真をみながら、今も多くの方と直接的に関わっていることをとても嬉しく思いました。わーい(嬉しい顔)
そして、その後、新しいメンバーも増えました。
これまでの技術認定チェック合格者は49名。
来年3月の挑戦者は35人。
今では、技術研修だけでなく、マネジメントやリーダーシップについても研修会を企画しました。
一人ひとりの仲間の想いを大切に考え、NPOとして出来る事を精一杯やりたいと思っています。

ノーリフティングケアに本気で取り組み始めている施設や病院も増えました。
先日の西日本新聞でも紹介していただきました。

2017.10.22ここから始まったプロジェクト.jpg

チームの職種はさまざまです。リハ職・介護職・福祉用具専門相談員・看護職。
最近は看護職が増えている傾向にあり、同じ看護職として、とても嬉しく感じています。

チームの職種2017年.jpg

今でも、関わりの多いのは、大分県、熊本県、佐賀県の方達です。
長崎県から一人で頑張っている人もいます。

チームの地域内訳2017年.jpg

裏でサポートをして下さっているのは、高知の下元佳子先生や安武哲宏さんです。
多くの方に支えられているから、今も続けられている。
そして、確実に前進している事を実感しています。
本当に関係者の皆様に感謝です。
皆さん、本当に有難うございます。わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

posted by うさぎ at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月16日

11月3日に開催するフォローアップ研修会について

概要
◆講師 (株)cocotama 代表 佐々木寿生氏 (産業カウンセラー)
     NPO福祉用具ネット理事 山形茂生氏 (OT)
◆日時 前半の部 10月13日 終了・ 後半の部 11月3日
 初回は10月も11月も同じ内容で開催致します。
●9時30分受付 時間厳守
●10時〜17時
◆受講費用は会員3,000円、非会員4,000円 当日徴収
研修内容
■午前の部
10時〜12時 マネジメントマニュアル及び実践マニュアルの活用の仕方について  【山形氏担当】
■12時〜13時 お昼休み お弁当・お茶は各自ご準備して下さい。
■午後の部 
13時〜17時 マネジメントについて 【佐々木氏担当】
 佐々木氏のマネジメント研修の内容は以下の通り。
 資料をもとに、一部をご紹介させていただきます。
@なぜ、マネジメントを行うのか
Aマネジメントの定義とは マネジメントとリーダーシップの違いとは
BPDCAサイクルとは
C目標設定及びPDCAを回すとは
D事例検討
E目的・目標確認
F事前準備 事実の棚卸
G事前準備 意識一致確認 思いの棚卸
H事前準備 次の未来への一歩
I行動計画
Jマネジメントにおける基本的な仕事
K活動を広げていくためのスキルの紹介  など・・・

今後の計画について
以下の日程で、さらにマネジメントのスキルアップの勉強会を計画しました。
先日の1回目の受講者の方は、きっと、その必要性を誰よりも感じた事と思います。
今後の研修会の日程です。
日程によって学ぶ内容は異なります。どれも大切な内容ですので、全てを通して受講されることをお薦めいたします。
2回目 12月1日【日曜日】13時〜17時
3回目 1月12日【日曜日】13時〜17時
4回目 2月2日【日曜日】13時〜17時

但し、施設の管理者の方は、1回目のみでも参加するとノーリフティングケアの進め方が理解できるのではないかと思いますので、特別にお申し出があれば受け付けたいと思います。
実は、先日受講した皆さんから、職場で共に活動する人に学んでもらいたいので参加させていただきたいとの申し出が数人からありました。
仲間の皆様が動きやすいのであればと、その希望を受けることに致しました。
締切は10月19日までです。

もしも、11月3日の一日コースが無理な方は、11月14日の西日本国際福祉機器展のマネジメントのためのセミナーを14時30分〜16時30分まで開催致しますので、そのセミナーも参考になると思います。

14日セミナー.jpg

posted by うさぎ at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

10月13日フォローアップセミナーの受講者の感想です。

受講者の皆様からいただいた感想を纏めました。

10月13日フォローアップ研修会受講者の感想.pdf

まだまだ、今回の学びは第一ステップです。
合計4回企画しています。
毎回、実践課題があります。
『やるしかない!!』  (いいえ、やっていただきたいです。)
今回の学んだあとの心境は、そんな状況だと思います。
佐々木講師も、今私は演じているというお話がありました。
「皆様は、この場で演じている私がどのように見えましたか?」と問われました。
講師を行うためのスイッチをONにして、皆の前に立ち、一生懸命に伝えているのだと・・・。
私達も各々の専門職と言う立場で、患者さんの前やそのご家族の前では演じているのですよね。
ご利用者様の前、同僚や上司の前で、どのように演じるのか・・・。

ノーリフティングを推進するために、素の自分から、役者のスイッチをいれなければならない。そのために必要な大切な事を学んでいるのだと思います。
良い役者になるために。
分かりやすい言葉、伝わる声、表情、服装・・・などに気を配ること。
少しずつ前に進みましょう。
きっと、何かが変わるはずです。

私は、いつも、自分自身に言い聞かせています。
『何もやらなければ何も変わらない、何かを始めれば、きっと何かが変わる!』と。
手を抜く事や逃げる事は簡単。でも、きっと後悔することになると。

posted by うさぎ at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

西日本国際福祉機器展まで、もうすぐです!!

11月12日・13日は会場の設営
11月14日〜16日まで西日本国際福祉機器展
もうすぐですよねexclamation×2
本NPOも、抱え上げない看護・介護を広くアピールできる貴重なチャンスだと思って企画してきました。
しかし、まだセミナーの申し込みが殆どありません。
ぼやいても、西日本展示場のホームページにも開催の詳細がまだ掲載されていません。
当然、リーフレットも届いていないのだと思います。
NPOとしてもたくさんのリーフレットを注文していますが、まだ届いていないのです。
残り、1か月もない時期なのに・・・。
少し、不安になってきました。

NPOとしては、以前からセミナーの案内は、ホームページやブログ、フェイスブックで何度も公開してきました。
昨年以上に頑張って企画しました。
キネステの体験会や14日の午後に開催するセミナーは申し込みが必要です。

キネステ3日間.jpg

14日セミナー.jpg

皆さん、職場の方や知人の方達への声掛けを何卒宜しくお願い致します。
posted by うさぎ at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月15日

フォローアップセミナーの今後の予定

午後からの佐々木さんの講義のようすです。

DSC02073.JPG

DSC02079.JPG

マネジメントの言葉の意味をしっかりと理解をする事
そして目標設定と行動計画について学びました。

DSC02088.JPG


DSC02093.JPG


DSC02090.JPG


DSC02092.JPG

これから、スキルアップの為に学ぶ内容について紹介がありました。

DSC02097.JPG

リーダーに必要な大切な学びです。
ここをしっかりと学んでおけば、少しは心が楽になるのかもしれませんね。
私達のような専門職は、このような内容を学ぶ機会は少なかったような気がいたします。

もしかしたら、時間が足りないかもしれませんが、12月1日、1月12日、2月2日と今後の計画をしています。
全てに受講されることが条件です。
1回目の受講者の方だけに今後の情報提供しています。
受講者の皆様、締め切りは10月末です。

posted by うさぎ at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月14日

フォローアップセミナーの事

フォローアップセミナーの内容をどうしたら良いか随分と悩みました。
対象者はNPOの技術研修を受けた人達。
つまり、技術については誰よりもたくさん勉強してきた人です。
その技術の必要性は一番良く解っている方達なのです。
分かっているけれど職場に広げる事ができない。
誰のためでもない、働く私達の為や要介護者である入所者や患者さんの為なのに・・・。
その悔しさは皆んなに事前に書いていただいたアンケートからヒシヒシと伝わってきました。
メンタルヘルスケアの必要性を感じた程でした。

そんな仲間の為に、今のNPOにできる事は何か?
実践する為に必要な事を基礎から学ぶ必要性・・・。
コミュニケーション、リーダーシップ、マネジメントなどの必要性を感じました。
講師をお願いしたいと考えた山形さんや佐々木さんと電話やメールで事前情報を共有しました。
さらに会議も2回開催し、今回のセミナーの内容になったのです。

受講者の皆さんの感想を読んで、開催して本当に良かったと思いました。
11月の研修会に、共に活動をする仲間を受講させたいとの声もあり、受講者が少し増えそうです。
特に管理者の方々に参加して頂きたいと思います。

posted by うさぎ at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記